NEWS

2022.11.24光りの移ろい

 

木の葉が舞うなか、外に出ると暖かく、穏やかな小春日和が気持ちよい季節です。

いつもオンラインショップをご利用いただきありがとうございます。

都内に住む知人がリピートにて BARCA バッグ をご依頼くださり、奥様にも気に入っていただき、

ご夫婦お揃いで持ちたいとのことで、色違いを再びお求めくださいました。

自分らしく素敵に生きるお二人に、二代目の BARCA が温かく寄り添えることを願っております。

 

過日の「皆既月食」をご覧になった方も多いことでしょう、刻々と移ろっていく姿は美しいものでした。

月にも見える陶器のペンダントライト、TOU-LIGHT(陶ライト)は光りのグラデーションが綺麗な照明です。

自然の炎のような、光りが透ける柔らかな印象で、人の集まる場所を照らし安らぎの時間へと導いてくれます。

透過性のある信楽透器という陶土をつかい、型を使わずに職人の手でひとつひとつ製作されますので、

土の厚さが微妙に異なり、揺らめく光りの移ろいや波動を感じることができるのです。

世界中の照明器具を扱っている  ROUND ROBIN 様 では、当初から TOU-LIGHT をご紹介いただいています。

日本と北欧のもの作りや、インテリアなどの洗練された個性的な製品をご覧いただけます。

 

瀬戸内国際芸術祭 2022 が開催された今年、アートと暮らす島々は国内外のゲストで賑わったようです。

会期の閉幕前、瀬戸内の海色に染まった陶器のグラス  TOU-GLASS を追加でお届けさせていただきました。

ベネッセハウス ショップ様 にて、直島限定色 SAKAZUKIなどを旅のお土産に選んでくださる方も多い様です。

ガラス成分を含む透ける陶土をうつわの上部につかい、厚みのある土でも光りを通すことができます。

この春に開館した  杉本博司ギャラリー  時の回廊 は、自然の変化や、壮大な時間の流れを体感でき、

歴史や生きることについて思索を巡らせてもらうことを意図する作品とのこと。

開館カレンダーをご覧いただき、少し落ちついた直島へ足を運んでみてはいかがでしょう。

2022.11.1あたたかな食卓

寒暖差の大きい日々がつづくなか、今年もあと2ヶ月となりました。

実りの秋、この時季は近隣の水田で収穫されたばかりの新米をありがたく思う季節です。

全国的にはあまり知られていませんが、ここ信州伊那谷は澄んだ水と気候などの環境に恵まれ、

のどかな田園が広がるお米の美味しい産地でもあります。

採れたてのお米を好みの加減に精米し、少しだけ減らした分量の湧き水で炊き上げると、

一粒一粒がしっかりと感じられる、風味のあるご飯をいただけます。

お米を「炊く」という日本独自の素晴らしい食文化を、大切に受け継いでいきたいと感じます。

 

ご好評いただいている 家族茶碗 ライスボウル は、毎日のご飯を和やかに食べていただきたい、

という想いで作られました。 温かみのある陶器の土の手触りはお米との相性が良く、

お椀を手で持った時に、ふっくらと炊き上がったお米の温かさがほんのりと手に伝わります。

内側はつるりとした透明の釉薬が施され、箸あたりがよく最後の一粒までしっかりといただけます。

ご飯を食べ終えると現われる、シュールな笑顔のイラストを見るとついついおかわりしてしまいます。

東京・表参道の  Spiral  Market  様では、この3サイズ揃ったライスボウルが発売当初から人気です。

まだ少ししか食べられないお子様が、土のあたたかみを感じながら最後までいただけることを願って。

同じく、透ける白い土でつくられたグラス TOU-GLASS  限定色 SKY も無事入荷しましたので、

Spiral Market 様へ、GOBLET・CUP の木箱付きペアセットなどをお届けさせていただきました。

温かいもの、冷たいものにもお使いいただける陶器のグラスはとっておきの時間にもおすすめです。

各店舗様と、spiral online store   にてご覧いただけます。 ゆったりと晩秋をお愉しみください。

2022.10.4ものごとのデザイン

八ヶ岳高原線の愛称で親しまれている鉄道、小海線をご存知でしょうか。

雄大な自然を眺めながら走り、小海駅から山側へバスに10分乗ると小海町高原美術館にたどり着きます。

ただいま開館25周年記念展覧会として、「浮田要三と『きりん』の世界」  を開催中です。

児童詩誌『きりん』の編集者であり、のちに美術家となった彼の作品と語られた言葉がこころに響きます。

「絵描きでなく、人間というところから出発する」「日頃から感性を磨くこと」「生活を大事にすること」

「心をきれいにして作品にむかうこと」「嘘がないこと」など、ものづくりにも通じる言葉に感動を覚えます。

ご興味がある方はぜひ、美しい紅葉がはじまった小海線の旅へお出かけください。

 

日頃から、知人や友人に「プロダクトデザインってどんな仕事?」と聞かれることが多々あります。

あらためまして、今一度、わたしたちの日常の仕事内容を記してみたいと思います。

生業にしているプロダクトデザインとは、「もののデザイン」「ものごとのデザイン」と認識していますが、

ものとは製品や製作物で、おもに生活用品やインテリア製品をデザインし、販売もさせていただいております。

「もののデザイン」は見た目だけではなく機能性も求められ、実際の使いやすさも大切で、素材から吟味し、

幾度も試作を繰り返しながら、安定した製品として流通できるまでの検証と価格設定などをしていきます。

 

暮らしの中から生まれた視点を大切に、企画・デザイン設計・サンプル製作・製造依頼・販売・卸し販売など、

ご縁をいただいた信楽焼きの陶製品、地元信州の素材をつかった木製品、布や革製品などを扱っております。

自社ホームページの制作、オンラインショップの運営、SNSの広報、パッケージ等のデザイン、印刷物の手配、

製品の撮影、カタログ制作、製品の発送手配、在庫管理、棚卸し、一般的なデスクワークもおこないます。

また、他の企業様からデザインのご依頼があった際はお手伝いさせていただくこともあります。

おかげさまで素敵な店舗様に恵まれ、心地よい関係性のなかで想いを込めた製品を繋いでいただいております。

これからもアールピースファクトリーは、自然界の美に学びを得て、日本産地の人々のお力を借りながら、

人と自然との繋がりとなる遊びごころある身近なライフプロダクツをお届けしていきたいと思います。

いつも気にかけていただき、応援してくださる方がいるからこそ続けてこれたのだと深く感じております。

皆さまの温かいご支援に感謝申し上げます。  どうぞ、美しくあたたかい日々を。

2022.9.7秋の恵み

爽やかな秋の風が心地よい季節になりました。皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

ここ信州(長野県)の各地では、秋の訪れとともに様々なフルーツを見かけるようになりました。

新鮮で味の濃い、美味しいフルーツや野菜は、地産地消として環境に優しい暮らしにも繋がります。

近くの果樹園では、ナイアガラ・コンコード・デラウェアなどの小振りな粒品種の出荷がはじまり、

最近人気のシャインマスカットはこれから、深まりゆく恵みの秋がこの季節の愉しみです。

 

ただいま 公式オンラインショップにて、新茶器クリア色 の製品をお求めやすい価格でご案内しています。

光りをまとう透明感のある釉薬をつかった  急須フタリ 茶サラ  は白粗土の素朴な味わいがあり、

優しく生成りがかった艶のあるクリア色は、日本茶・和紅茶・ハーブティーの色が美しく映えます。

急須内で大きく開いた茶葉を眺めながら、自然栽培のお茶の旨味を味わっていただければと思います。

シンプルな絞り出し構造の急須を、初めてお使いいただく方にもおすすめです。

 

赤く染まる深秋にぴったりな、新茶器 RED色 の全アイテムが入荷いたしました。

箱根強羅に佇む、ハイアットリージェンシー箱根  Resort & Spa 様へお届けさせていただきました。

ホテル内併設のショップ  IZUMI Gallery と客室の方で、茶ポットと茶カップをご愛用いただいており、

安らぎのある素敵な空間で、気の赴くまま優雅にリラックスした時間をお過ごしいただけます。

こちらの製品  茶ポットRED なども、現在オンラインショップの方でご購入可能となっております。

上がけの釉薬に鉄分を含んだ RED色 は、鉄錆や漆のような趣きある陶肌に焼き上がっています。

 

さて今週金曜日から、過日お知らせしました大町市   Bench  -ベンチ-  さんでのイベントが開催されます。

白く透ける土の陶器   MUG(ビアマグ)を出品しておりますので、ぜひご覧いただければ嬉しいです。

安曇野と白馬の中間にあたる大町市周辺に暮らす方、ゆるやかな旅の途中にも気軽にお出かけください。

程近い、裏路地の古民家を改装した小さなコーヒースタンド 焙煎所、北アルプスブルワリーも気になります。

limited store 「 Shoes&Crafts, Books  トオク 」
日時 2022.9.9(fri)10(sta)11(sun) 11:00-17:00

場所 Bench 長野県大町市大町 4080
電車 信濃大町駅より徒歩約8分
車 最寄りの無料市営駐車場をご利用ください

2022.8.18初秋の信濃大町

少しづつ初秋の気配が漂う頃、皆さま緩やかな夏を過ごされたでしょうか。

ここでイベントのお知らせです。

長野県大町市の陶磁器作家 塚崎愛さんのアトリエにある新しいお店   Bench  -ベンチ-  さんにて、

地元の素敵な  Shoes & Crafts  トオク さんの3日間限定ショップが 出張OPENいたします。

革靴作家でもある室根さん夫妻が営むトオクは、革靴・本・雑貨など暮らしの道具のセレクトショップ。

アルプスの風が吹き抜ける光りの美しい空間は、ゆったりと時が流れる居心地のよいお店です。

嬉しいことに今回お声がけいただき、透ける土のグラス  TOU-GLASS  MUG   を出品しております。

冷やした陶グラスに Beer や炭酸水を注ぐと、木目の細かな泡がふわふわと生まれ美味しくいただけます。

残暑の時季、涼やかなひとときを愉しめるおすすめのアイテムです。

豊かな自然と長い歴史のなかで育まれた信濃大町は、立山黒部アルペンルートの入り口として知られますが、

駅から続くノスタルジックな商店街と、三つの湖や大町温泉郷・山岳博物館などのアクテビティも豊富。

また三年に一度、北アルプス国際芸術祭 が開催される文化的な街でもあります。

この機会にぜひ、美味しい湧水がある 大町市  を訪れてみては。

limited store 「 Shoes&Crafts, Books  トオク 」

日時 2022.9.9(fri)10(sta)11(sun) 11:00-17:00
※ 大変急ですが 8月19・20・21日から上記日程へ延期となりました! お出掛けの際はご注意くださいませ

場所 Bench 長野県大町市大町 4080
電車 信濃大町駅より徒歩約8分
駐車場 最寄りの無料市営駐車場をご利用ください

2022.8.2縄文の情景

暑中お見舞い 申し上げます。

豊かな湧水に恵まれた八ヶ岳山麓の高地にある  井戸尻遺跡 (Idojiri-iseki) と近くの考古館は、

縄文時代(約8000〜2300年前)の過去に生きた人間の生活文化の跡が残されている貴重な場所です。

日本を代表する縄文の遺跡は、現代人が忘れかけていた火のある暮らしの感覚を思い起こさせてくれます。

今もいにしえからの湧水があり、その豊富な水を利用して 水生・湿生の植物が安らぎの場を作っています。

 

夏季休業のお知らせです。

8月10日 (水)  〜  16 (火)  の期間は出荷等をお休みさせていただきます。

ご注文内容にもよりますが、8日(月)午前10時までのご注文分は休み前に発送可能となります。

公式オンラインショップ  は受付していますので、ご注文品は  17日以降に順次発送いたします。

ご迷惑をおかけしますがご了承をお願いいたします。ご利用をお待ちしております。

 

静岡、星野リゾート 界 遠州様  のショップにて、新茶器  KISETO(黄瀬戸)の製品をご覧いただけます。

永く茶の湯で愛されてきた黄瀬戸の色味は、上掛けの釉薬に鉄分を多く含むため独特な景色に焼きあがります。

ひとつひとつのアイテムが自然の炎のなかで色付き、想像を超えた陶器の風合いに仕上がっています。

日本茶やハーブティーを愉しめるシンプルな構造のひとり用の急須は、自分用の小さな茶器として忙しない

日常のなかでも気軽にお使いいただけます。陶製のうつわはお茶が円やかになり美味しくいただけます。

涼やかな個室に籠り、少しノスタルジックな夏のひと時をお愉しみいただければと思います。 よき夏を。

2022.7.12風の涼音

涼やかな風鈴の音色がひびき、朝夕には 蜩(ヒグラシ)がカナカナと唄う小暑の七月。

蒸し暑い日がつづいていますが、夕暮れは程よく冷えた炭酸水や Beer がうれしい季節です。

陶器のグラスは、Beer の泡がクリーミーになり一段美味しくいただけることをご存知でしょうか。

土から生まれた陶器の表面には無数の小さな穴が存在し、Beer を注ぐと自然と空気をふくみ、

きめ細やかでやわらかな泡ができ上がります。 豊かな香りをそのままに長持ちさせる泡は貴重。

冷蔵庫などで冷やした白い陶器のグラスは、ガラスの器に注いだ時よりも冷たさが持続しますので、

Beer がぬるくならず冷たいままで心地よくお愉しみいただけます。

職人の手仕事で、ひとつひとつ型を使わずに製作していますので口当たりよく軽やかな仕上がり、

この時季に活躍するたっぷりと背の高い   TOU-GLASS  MUG(マグ)です。

 

瀬戸内海の直島に佇む  ベネッセハウスショップ 様 へ、限定色の MUGなどをお届けさせていただきました。

また、東京の南青山にある  Spiral  Market  様 へ、夏の贈りものに似合う限定色 SKYの木箱付きセットを

過日に無事お届けしております。ざらりとした陶肌の白いグラス、ゆったりとご堪能いただけたら嬉しいです。

この暑さに負けず、涼やかな夏をお過ごしください。

2022.6.17陶の光り

野鳥の鳴き声が心地よく響き、朝露のしずる感と澄んだ空気のなかで一日がはじまります。

ここ南信州も深緑のシーズンを迎えています。

さて、白い陶器の照明   TOU-LIGHT(陶ライト) は販売開始から11年目となりました。

線香花火の揺らめく炎を象りデザインさせていただいた製品は、当初から成形の型を使わずに、

職人の手と土との対話で描かれた美しい丸みのあるペンダントライトです。

土の厚さが微妙に異なることで光のグラデーションが生まれ、日常の穏やかな空間を愉しめます。

TOU-LIGHT の白い素材は、2009年に産地で開発された「信楽透器」という透過性のある陶土。

光ファイバーの原料を主原料にしていますので、光透過率が磁器に比べて約3倍あるのが特徴で、

土の厚みがあっても光を通すことができる素材となります。

静岡県島田市にあるインテリアショップ   FORMS(フォルムス)様 にて、

照明 TOU-LIGHT ラージ・スモールの展示品をご覧いただけます。上質な家具を扱っている店舗様です。

コードの長さ調整・コード色指定・照明レール用のダクトレール仕様への変更などもご相談ください。

公式オンラインショップ  でも、いつも通りにご購入いただけますので覗いてみてください。

自然の炎のような灯りで人の集まる場所を柔らかく照らし、安らぎのある時間へと導いてくれます。

2022.5.20木々の声

ほんのりと初夏の気配を感じるとき、周囲の美しい青葉に目を奪われながら過ごしています。

ここ数年、里山で成熟した木や、森のツリーケアで集まった雑木を使ったものづくりをする機会が増え、

沢山のことを学ばせていただきました。 この信州(長野県)には林業家や木こりが多く住み、

自然とともに暮らし、薪割りやロープワーク、醤油・味噌づくり、きのこ狩り、農を愉しむ方に出会います。

木の扱いはむづかしく、その育った環境、湿気、保管場所などにより 1本1本の個性はそれぞれに異なり、

反りやすいもの、大人しく素直だったりと色々です。

木の特性を知り、無理やりかたち作るのではなく、その声を聞きながら都度進めてゆくのですが、

思うようにいかない動きをすることもあります。 それは、森の中で木々と直に触れ合う時間のような、

木も人も、それぞれの心地よさを求めることと一緒でしょうか。

森に囲まれた信州には、沢山の木があります。 燃料を使って遠くからわざわざ木を運んでくるのではなく、

国産の、地域の木を使ったものづくりを出来ればと思っています。

森から切り出された木の中から、やわらかい音色が響く   OTO-BACO(音箱)  のオルゴール、

木目の美しい温かみのある木を使い、八ヶ岳周辺に住む職人がひとつひとつを丁寧に製作しています。

どこか懐かしい素朴に奏でられる音色は、こころの内に静かに響くでしょう。

安らぎの音の傍らで、やわらかな時間を重ねていただけると嬉しいです。

2022.4.27美しい山林と

時が流れ、人々の暮らしも少しづつ変化しているこの頃、柔らかい初夏のような陽射しが降りそそぎます。

信州・木曽。 美しい山林と、その湧き水をたたえる木曽川にせり出すように建てられた「崖家づくり」の

旧調剤薬局は、使い続けるほどに愛着がわくような現代の日用品を扱う  en-shoutenさん

見ているだけで楽しくなる店内で、 “ pioneer plants  とアウトドアfair ”   が約一か月間行われます。

環境に負担をかけずに楽しめる、アウトドアライフの提案もあわせてご紹介いただけるそうです。

信州育ちの針葉樹を使ったチェアなど、pioneer plants の軽やかさを体験したり、使い方を知ったりと、

実際に見て、手で触れてお試しいただけると大変嬉しいです。この機会にぜひ涼やかな木曽町へ。

東京から移住された、素敵なオーナーご夫妻とのほがらかな会話も魅力です。

< pioneer plants とアウトドアfair >

会期: 4月29日(金・祝)〜 5月23日(月)  の金土日月 11〜19時 GW臨時営業あり

場所: en-shouten 長野県木曽郡木曽町福島8101(JR木曽福島駅  徒歩15分ほど)

 

○ お知らせ ○

新茶器 IVORY・BLACK の現行製品は、在庫がなくなり次第に販売を終了させていただく事となりました。

ここ数日で、こちら2色の製品在庫は残りわずかとなっております。 大変申し訳ございません。

自然の赤土が原因と思われる生産不良が度々起こり、今後の継続はむづかしいと判断いたしました。

現況にて、新しい色味の製品開発を進めておりますが、しばらくは時間がかかりそうです。

新茶器 RED・KISETO につきましては、白土を使っておりますので以降も生産継続しております。

誠におそれいりますが、ご了承の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

Category

Archive