NEWS

2022.12.12冬の音色

 

寒気の候、ころころと師走の日々が過ぎていきます。 皆さまお元気でしょうか。

過日おとずれた鎌倉の街は、相変わらずたくさんの人々で賑わい活気に満ちていました。

丘の上にある  神奈川県立近代美術館  鎌倉別館  では、「沖 潤子  さらけでるもの」を開催しており、

刺繍という手法を用いて、独自の作品を制作する沖さんのスケールの大きな世界に浸ることが出来ました。

写真は《レモン1》というタイトルの作品なのですが、日常で触れている自然のモティーフである果物を、

ちょっと視点を変えてみることで、普段なかなか気づかないディテールの美しさを発見することができます。

様々な糸の重なりにより立体的に表現されたレモンは、密度を増した植物細胞のように創造性を感じます。

 

日本製(Made in Japan)の木製オルゴールを発売して1年経ちました。

昔のヨーロッパの街で、時を告げる鐘の音であったことを起源とするオルゴールの製品は、

森や海などの自然環境から聞こえてくる音にも近い、人の脳によい幅広い周波数が含まれているそうです。

この間、元気なお子様が誕生して、ゆたかな音やものに触れて欲しいと願うご両親から、

天然木の優しい手触りを生かした オルゴール | oto-baco  をお求めいただきました。

オリジナルの真鍮キーをゆっくり手で巻くと、美しい木目の音箱のなかから柔らかい音が鳴り響きます。

幼い子だけでなく大人の方にも、冬の澄みきった空に響く音色をお愉しみいただければ嬉しいです。

 

冬季休業日のお知らせです。

12.29 (木) 〜  2023. 1.6(金) の期間は、出荷等をお休みいたしますので予めご了承ください。

ご注文内容にもよりますが、12月26日(月)正午までのご注文品については年内発送が可能でございます。

オンラインショップは受付中ですので、ご注文品は連休明けの 1月10日以降に順々に発送させていただきます。

皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承の程よろしくお願いいたします。

厳かにこころ触れ合う冬の時間をお過ごしください。

2022.5.20木々の声

ほんのりと初夏の気配を感じるとき、周囲の美しい青葉に目を奪われながら過ごしています。

ここ数年、里山で成熟した木や、森のツリーケアで集まった雑木を使ったものづくりをする機会が増え、

沢山のことを学ばせていただきました。 この信州(長野県)には林業家や木こりが多く住み、

自然とともに暮らし、薪割りやロープワーク、醤油・味噌づくり、きのこ狩り、農を愉しむ方に出会います。

木の扱いはむづかしく、その育った環境、湿気、保管場所などにより 1本1本の個性はそれぞれに異なり、

反りやすいもの、大人しく素直だったりと色々です。

木の特性を知り、無理やりかたち作るのではなく、その声を聞きながら都度進めてゆくのですが、

思うようにいかない動きをすることもあります。 それは、森の中で木々と直に触れ合う時間のような、

木も人も、それぞれの心地よさを求めることと一緒でしょうか。

森に囲まれた信州には、沢山の木があります。 燃料を使って遠くからわざわざ木を運んでくるのではなく、

国産の、地域の木を使ったものづくりを出来ればと思っています。

森から切り出された木の中から、やわらかい音色が響く   oto-baco(音箱)  のオルゴール、

木目の美しい温かみのある木を使い、八ヶ岳周辺に住む職人がひとつひとつを丁寧に製作しています。

どこか懐かしい素朴に奏でられる音色は、こころの内に静かに響くでしょう。

安らぎの音の傍らで、やわらかな時間を重ねていただけると嬉しいです。

2021.11.1新製品のお知らせ

皆さま健やかにお過ごしでしょうか。

秋も深まり、過日訪れた八ヶ岳周辺の情景はとても美しく、朗らかな秋色に染まっていました。

 

木工職人さんとの出逢いからはじまった、新しい製品をご紹介させていただきます。

ここ信州(長野県)の自然のなかで育った木を使い、温かみのある 木製のオルゴール が生まれました。

丁寧に仕上げられた音の箱は、木目が美しく、優しい手触りです。

オルゴールの起源は、ヨーロッパの街中で、時を告げる鐘の音であったことに始まりますが、

原始的な仕組みにより奏でられる、どこか懐かしい素朴な音色は、こころの内に静かに響きます。

日常の気持ちのリセットや、睡眠前のリラックスタイムなどに、

大人のためのオルゴールとしても、澄んだ星空の響きをお愉しみいただければ嬉しいです。

Category

Archive