NEWS

2021.3.2食の文化

自然界は淡々と移ろい、気温も和らぎ、たしかに新しい季節を迎えようとしています。

穏やかな休日、信州伊那谷にある 古民家七代さん の味噌づくりに参加させていただきました。

前日から浸水することで、十分に水を吸った地元産の艶やかな大豆は、野外の大きな釜に入れられ、

柔らかくふっくりと炊き上げられました。辺りはあたたかい湯気をまとった豆の甘いかおりが漂い、

地元産の麹(kōji)や 天然塩と混ざり合い、半年後の味噌の完成を待つばかりです。

人と人が顔を合わせ、ひとつの作業を助け合い進める光景はなんとも美しく、私たちの祖先は

こうして生命を繋いできたのかと身体の奥深くでしっかりと記憶していることを知りました。

令和時代も、信州の味噌づくり文化は健在で、また最近はこのような地域の文化が見直されているようです。

 

さて、瀬戸内海にある香川県直島町を訪れた方も多いことでしょう。

ベネッセアートサイト直島 は、地中美術館をはじめ、ベネッセハウス ミュージアム、家プロジェクトなど、

自然・建築・アートを存分にたのしめる島々が連なっている素敵な場所です。

ベネッセハウスショップ さんへお届けします、直島限定色の  TOU-GLASS   が無事に入荷いたしました。

お客様に愛されているこの陶器のグラスは、数年前より継続していただいている限定品となります。

瀬戸内の海の色をイメージして作られた奥深い色合いの土と、白土が職人の手で自然に混ざり合い、

凛とした印象でひとつひとつ個性的な表情に焼き上がります。

この3月1日より価格改定された TOU-GLASS は、温冷でお使いいただける陶製品として、

さまざまなお飲物をご自宅ですこし優雅に愉しんでいただけます。

アートと暮らす島々へ、柔らかな風を感じながらゆっくり旅をしたいものです。

2020.12.10冠雪

十二月、峰々の頂は白い雪がかぶり冬の始まりを想わせます。

何事もなかったかのように、自然は季節の移ろいをとめず命を繋げていることを実感しています。

 

日頃はアールピース製品をご愛好いただき、こころより感謝を申し上げます。

ご自宅での時間が増えたこともあり、お茶の道具をご依頼いただく機会が多い一年となりましたが、

ゆったりとした安らぎの時間をお届けできていましたら嬉しく思います。

白い肌と、柔らかく描かれた曲線が美しい陶器のグラス  GOBLET(ゴブレット をご紹介いたします。

温かいお飲み物、冷やしたワインも愉しめる TOU-GLASS は土のざらりとした上品な口当たりで、

年末年始の晴れの日のテーブルウェアとしてもお家に優雅なひとときを運んでくれます。

凛とした雰囲気の手造りのグラスは、透ける土と混ざり合って偶然生まれるたった一つの景色も魅力。

同じく白い陶器でつくられた柔らかな空間を生む照明   TOU-LIGHT  Small   入荷いたしました。

 

ここで、冬季休業日のお知らせです。

12.29 (火) 〜 2021. 1.5(火) の期間は、出荷等をお休みいたしますので予めご了承ください。

ご注文内容にもよりますが、25日(金)午前11時までのご注文品については年内発送が可能でございます。

公式オンラインショップ  は受付しておりますので、ご注文品は 1月6日以降に順次発送させていただきます。

皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承の程よろしくお願いいたします。

来春の芽吹きのために準備をはじめている落葉樹の小さな 美しい冬芽 (fuyume,touga)のように、

エネルギーを身体に溜めつつ、心しなやかに厳かな日々をお過ごしくださいませ。

2020.5.26晴れた日の空

青葉が輝く季節、眠っていた生命が喜びに溢れているようです。

日本国内でも動きを取り戻しつつ、徐々に平穏な日々へ近づいてゆくことを願います。

 

さて、光が透ける軽やかな印象の陶器のグラス  TOU-GLASS   のご紹介です。

スパイラルマーケット限定色の  SKY は、白と水色のコントラストが晴れた日の空のよう。

ゆるやかなフォルムに土が混じり合い、自然に生まれたマーブルの模様になって焼き上がります。

月の光やライトにかざし、上部の透土が透ける感覚もお愉しみいただけると嬉しいです。

また陶器の持つ柔らかさや、温かみといった魅力を最大限に引き出した  AR Piece+S の

Legere(レジェール)の大皿 SARA24  も併せてご好評をいただいております。

鮮やかな食材が映える色合いをイメージして上掛けの釉薬を調合したうつわは、

ある時はテーブルのセンターの盛り皿として、またある時はワンプレートメニューに。

深みのある陶器の風合いに育っていくこともまた魅力。 双方の製品は spiral online store 、

もしくは、27日に営業再開される スパイラルマーケット青山 の店頭にてご覧いただけます。

2020.3.4弥生月

鮮やかな黄色の花を咲かせるフクジュソウが、里山の風景に春を届けてくれました。

机上に飾られたミモザの枝葉も、柔らかな早春の雰囲気を盛り上げてくれています。

感染症の流行によりそれぞれが体調管理などの配慮をしていることと思います。

長い間こころも縮んでしまいそうなこの時季、いつもより多く生まれた時間を、

音楽や映画鑑賞、読書、身の周りの片付けなど、普段なかなか出来ないことをして

有意義に過ごすひと時は、貴重な準備期間となるのかもしれません。

 

さて、香川県直島町の  ベネッセハウスショップ さんでは、陶器のグラス TOU-GLASS が人気です。

国内外からのお客様に愛されている製品は、少し贅沢な時間を過ごせる白い陶肌のグラス。

温冷でご使用いただけるろくろ挽きの製品は、口当たりが良く、凛とした手に馴染む心地よさです。

瀬戸内の海の色をイメージした直島限定色も大変ご好評をいただいております。

また、大分県日出町の美しい町にある   loopthings (ループシングス)さんでも、

アールピース製品の  TOU-GLASS・ 新茶器  のお取り扱いがはじまっております。

「季節と風土と暮らしの愛用品」 をテーマに、永く何度も愛用したくなる日用品が並べられた

海と山に囲まれた素敵なお店です。ひと足早く、風の流れる春の町へお出掛けください。

2020.2.4立春

春のはじまりを意味する立春の日、暖かな陽射しが庭にそそがれています。

今冬、ここ南信州では一面が白い雪で覆われた風景はまだ見ていないのですが、

写真の八ヶ岳周辺など、標高の高い場所では凛とした美しい銀世界が広がっていました。

 

このたび、南信州の天龍峡に佇む御宿、峡泉(kyousen)  さんが日本の小宿10選に選ばれました。

日常を忘れられる、リセット宿。 として文藝春秋の「CREA」2020年2・3月合併号に掲載されています。

お部屋で使われている茶道具はアールピース製品の 新茶器 ですが、こちらも一緒に載っております。

取材に来られた編集者の方も 「幸せで美しく十全たる時間」 と絶賛してくださったそうです。

窓の外に広がる絶景の渓谷を眺め、自然の気を感じる神秘的な湯、ゆるやかに流れる時間など、

いつもの日常とはまるで違う別世界に身をおけば、こころに新鮮な風が吹き抜けます。

眠っていた五感を解放し、身体いっぱいに旅を愉しんでいただけたら嬉しく思います。

2019.9.2価格改定のお知らせ

初秋の候、朝夕はしのぎやすくなって参りました。そろそろ草花に朝露がつきはじめる頃です。

ここ南信州では季節の移り変わりを直に感じることができ、山の美しさや田畑の実りに感動をおぼえます。

 

さて、皆さまにお知らせです。

陶製品を販売開始してから10年程になりますが、新茶器TOU-GLASS につきまして、

10月以降の出荷分より価格改定させていただくこととなりました。

陶土や釉薬の原料を採取する鉱山の閉山による原料枯渇化や、輸送費と燃料費が高騰している影響、

また段ボール等の資材も値上げされている状況により、従来価格を維持することが困難となっております。

ご愛用いただいているお客様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

照明 TOU-LIGHT、家族茶碗などの製品につきましては、現状のままとさせていただきます。

10月1日からの消費税率改正もあわせましてご了承いただけますと幸いです。

写真は、庭に茂るハーブの生葉をそのままに淹れたお茶です。

まだまだ蒸し暑い日中にも、リラックスした気分を保つことができそうです。

ほっと一息、急須からゆるやかに流れでるお茶の時間そのものを愉しむのも良いものです。

2019.7.16京の文化

気候が定まらない梅雨空のなか、文化に触れる旅へ出掛けました。

行き交う人もどこか和やかな京都は、日本三大祭りの一つ、祇園祭(Gionmatsuri)の真っ最中。

千年以上の歴史をもつ、7月の1ヶ月間にわたって多彩な祭事が行われる八坂神社の祭礼は、

大勢の人々が訪れ、京の街は熱気に包まれていました。 伝統技法の 「縄がらみ」で、

釘を一本も使わず組み立てる、鉾建て(Hokotate)も通り沿いで間近に見ることができました。

賑わう街を少し離れ、日本庭園美の集大成とも言われる回遊式の庭園、桂離宮  へ入ることが叶い、

江戸時代初期当時の朝廷文化の粋、茶室への動線や時間の流れを愉しむ文化を目の当たりにしました。

また銀閣寺の近く、哲学の道を歩きながら銀鶴堂(Ginkakudo)へもお出掛けいただけると嬉しいです。

ほか、美しいハンドメイドの絵本をつくる南インドの小さな出版社、タラブックスの展覧会もぜひ。

世界をかえる美しい本   インド・タラブックスの挑戦

日時 2019.6.25 tue ー 8.18 sun

場所 京都  細見美術館

2019.6.21八ヶ岳の風

夏至のころ、北半球にある日本では一年でもっとも昼が長く、夜が短い一日。

過日訪れた八ヶ岳の周辺は、ゆるやかな清々しい空気に包まれていました。

写真は大自然の中に建てられた中村キース・ヘリング美術館、80年代アメリカンポップアートを代表する

アーティスト、キース・ヘリングの作品を展示する世界で唯一の美術館です。

大胆で鋭い感性の建築は、まさに希望や夢、生命のエネルギーを体感していただける大人の空間でしょう。

こちらの芸術作品から優雅な自然風景の鑑賞、スポーツなどのアクティビティ、SPAなどを有する

小渕沢アートヴィレッジ が手掛ける、京都のギフトショップ「銀鶴堂」がリニューアルオープンいたします。

新しい店内は  “変わりゆく季節”  をコンセプトに、訪れるゲストのみなさまの暮らしに寄り添う

LIFE  STYLE  SHOP となります。 少し贅沢な陶器のグラス TOU-GLASS、

新茶器の木箱SETも店頭に並びますので、哲学の道を散策しながらぜひお出掛けください。

オープン日: 6月29日(土)

営業時間: 10:00 – 17:30

店舗名: 銀鶴堂 (GINKAKUDO)

住所: 京都府京都市左京区浄土寺石橋町58

2019.5.16若葉

風薫る季節、新鮮な筍、そら豆、ワラビなどが美味しい時季です。

過日訪れました南信州の隠れ宿、 峡泉(KYOSEN) のお宿をご紹介させていただきます。

古くからの温泉地、リニューアルオープンしたばかりの館内は広々とした庭園を愉しめる静かな環境。

天龍奥三河国定公園の渓谷に佇むお宿は、歴史や風格を感じる落ち着きとともに、

とても親しみやすい雰囲気に溢れていました。

居心地の良いラウンジでは、キンと冷えた陶器のグラス TOU-GLASS のおもてなしを頂戴いたしました。

旬の素材で満たされた愉しい食、優れた泉質の温泉、湯上がりのルイボスティー、Library、

モダンな客室に置かれた 新茶器 のしつらえも嬉しく、新緑を眺めながらの和やかなひと時を過ごせました。

東京から4時間ほど、名古屋からは3時間ほど、雑踏から離れてゆったりとSTAYしてみてはいかがでしょう。

遊歩道を散策しながら自然の息吹を感じ、付近にある テンリュウ堂 のカフェでまったりするのも良し。

 

さて、今年も クラフトフェアまつもと2019  のお知らせです。

長野県松本市では、ほかにも沢山の催しや素敵なイベントが同時開催しております。

若葉の美しい5月、ぜひ長閑な信州に遊びにいらしてください。

日時: 5月25日(土) 11時〜17時 、 5月26日(日) 9時〜17時

場所: あがたの森公園 JR松本駅よりシャトルバス運行

2019.3.5浅春

早春の道端や川沿いには、小さな青い花を咲かせるヨーロッパ原産の帰化植物、オオイヌノフグリが

可憐に咲いています。 そして代々木公園などの関東周辺では、鮮やかな黄色い花をつけるアカシア属の

ミモザが美しい季節です。

 

お待たせしておりましたアールピース製品が無事入荷しましたので、ここでお知らせです。

青山のスパイラルマーケット +Sと一緒に手がけたニュートラルな陶製品  Legere(レジェール)につづき、

笑顔が微笑む  家族茶碗ライスボール の全サイズ、安らぎの照明  TOU-LIGHT Large  が焼き上がりました。

写真は、瀬戸内にある直島の海の色をイメージした ベネッセハウス ショップ限定色 の淡いグリーンとともに、

定番カラー TOU-GLASS GRAY  との人気ペア。限定色は、香川県直島の3店舗のみのお取り扱いとなります。

ここ数年、国内外の方々に大変ご好評をいただいており、こころより感謝申し上げます。

瀬戸内の 島々 をゆったりと船で巡る旅もそろそろ好い季節、春和を待つ時間も愉しいものです。