NEWS

2021.9.10鈴虫の声

秋のはじまり。

ここ信州の伊那谷は朗らかな日々が続いております。夕暮れからの虫の鳴き声も涼やかな頃。

少し前のこととなりますが、東京 銀座にひっそりと佇む粋なお店   茶・銀座 (CHA・GINZA) さんで開かれた

「手の足も出ない 宝瓶30展」 にアールピース製品の  急須ヒトリ をご選定いただきました。

しみじみ、お茶を。ひとつは欲しい宝瓶 (Hōhin , Hōbin)が30点も揃ったそう。 一般的な茶こしを使わず、

茶葉をそのまま器の中に入れ、湯を注ぐスタイルの宝瓶は、究極にシンプルで自然の旨味を直に愉しめる道具。

掌で感じる、美味しいお茶をいただきながら、時の流れにこころを奪われてみては。

 

さて、ここでお知らせです。

長年ご愛好をいただいている一人用の  急須ヒトリ  につきまして、IVORY・ BLACK と同様、

深みのある RED の蓋ガラスも琥珀色へ移り変わりました。上掛けの釉薬に鉄分を含むこの RED のうつわは、

まさに通好みの陶肌。蓋の取っ手にはリサイクルガラスを使用しております。 デスクワークや家事の合間に、

心地いい秋空でのアウトドアに、自分好みの茶葉を見つけ、一服してはいかがでしょう。

ゆったりと深呼吸。 爽やかな秋風に吹かれながら、歩いてみるのも良い季節です。

2021.8.18美術の教科書

このたびの各地で発生している豪雨災害につきまして心よりお見舞いを申し上げます。

一日も早く復旧できること、安心して暮らせる平穏な日々がくることを願っております。

 

この春、日本文教出版様から発行された  中学校美術の教科書   が過日手元へ届きました。

アニメーションの背景画のもととなる美術ボードの絵より始まるフルカラーの美しい一冊は、

記憶にある頃の教科書とは異なり、さらに吟味された興味深い内容で構成されています。

「なぜか気になる情景」「墨と水の出会い」「人の暮らしを豊かに」「自然の美しさから生まれた」など、

10代の瑞々しい感性に呼びかけるような多くの言葉が印象的です。 絵、彫刻、デザイン、工芸を含め、

学びを支える資料として土の材料を記したページに、弊社の   新茶器  茶カップ   が掲載されました。

お世話になっている信楽焼産地の方々とともに、私たちも大変光栄に思っております。

ご選定いただいた教科書の編集に関わるすべての皆様へ感謝を申し上げます。

これからの日本を担う中学一年生の皆さんへ、少しでも何かのお役に立てることを願っています。

 

南青山にあるスパイラルマーケット+S   と アールピースが一緒に開発した温かみのある陶器のうつわ、

AR Piece +S  の   Legere (レジェール)   の製品を夏前にお届けさせていただきました。

ニュートラルで味わいのある仕上がり、土の焼き物ならでは柔らかさをお愉しみいただけますと嬉しいです。

日々を少しだけ豊かに、心地よく快適に過ごしていきたいという方も多いと思います、

健やかで前向きな心持ち、小さな暮らしの積み重ねをできるだけ大事にしていきましょう。

生き生きした食材が映えるテーブルウェアは穏やかな日常を愉しむきっかけを与えてくれることと思います。

2021.8.2夏季休業のお知らせ

 

暑中お見舞い申し上げます。

広々とした信州の伊那谷も暑い夏がやってきました、朝晩に吹く風はとても涼やかです。

開業から1周年を迎えた、伊那谷にある   一棟貸し古民家宿   nagare   さんをご紹介いたします。

田畑の風景の中にひっそりと佇む一軒家は、一日一組がゆったりと寛げる心地いい宿です。

オーナーのご夫妻は500日の世界一周を経て、この伊那谷に辿り着いたというお二人。

地元食材をつかった料理や庭でのBBQも愉しめ、オリジナルの無添加 100%りんごのジュースも扱っています。

今と昔、都会と田舎。 海外と日本、日常と非日常。

その間の「ながれ」に身をゆだねて、ゆっくりと、今ここだけの時間を過ごしていただけますと嬉しいです。

光りが透ける陶器のグラス  TOU-GLASS  CUP  茶皿 などのアールピース製品も宿でお使いいただけます。

nagareは「信州割 SPECIAL」に対応していますので、長野県の方はこの夏にぜひお出掛けください。

 

さて、夏季休業のお知らせです。

8月7日 (土)  〜  15 (日)  の期間は出荷等をお休みさせていただきます。

ご注文内容にもよりますが、4日(水)午前中までのご注文分は休み前に発送可能となります。

公式オンラインショップ  は受付していますので、ご注文品は 16日(月)以降に順次発送いたします。

ご迷惑をおかけしますがご了承のほどお願いいたします。 ご利用お待ちしております。

リラックスした夏のひと時を、緩やかにお愉しみくださいませ。

2021.5.13祈りの花火

立夏の候、皆さまお元気でしょうか。

日本には古来より、日々の暮らしのなかに「祈り」の文化がありました。

その昔、江戸時代には「祈り」のシンボルとしてそこに花火が存在していたようで、

花火の原点に「祈り」があるということを  和火師の佐々木厳 さんからお聞きしました。

五月のある夜、空高く伸び朽ちてきていた  樹齢310年の榧(kaya)の木 の炭をつかった、

この榧の大きな命と、伝統的な製法で仕上げた想いの籠もった和火に感動いたしました。

和火(wabi)とは、線香花火のような暗めの橙色の花火のことで、

昨今の煌びやかで色鮮やかな花火とはまた異なり、不思議な魅力と趣きがあります。

川辺の暗闇で和火の音を聴き、咲きほこり舞う炎を見ているだけで気持ちが落ち着きました。

祖先が望んできたであろう平穏で心豊かな暮らしをこれからも守り続けるため、

自然と共に生きる、日本人のこころを癒やす文化を大切にしていきたいと思うこの頃です。

 

さて、日頃はアールピース製品をご愛好いただきまして感謝申し上げます。

線香花火の自然の灯りをイメージしてつくられた手造りの照明  TOU-LIGHT も入荷しております。

長らく欠品していた 急須一人 BLACK  が先日入荷しまして、現在は製品が整っております。

ほか 急須一人 IVORY は一時品切れとなっていますが、一週間ほどで焼き上がる予定です。

お待たせして恐縮ですが、入荷まで今しばらくお待ちくださいませ。

人と自然との繋がりを感じながら、美しい時代を重ねていけますよう願いを込めて。

2021.4.5古都のお茶

風軽やかな季節、皆さま健やかにお過ごしでしょうか。

桜の木が多いここ信州伊那谷でも多種の花々や、なごみの花吹雪を愉しんでおります。

さて、海外へ日本の製品を販売されている KOTO TEA  様でアールピース製品のお取り扱いが始まりました。

気軽にお茶を愉しめる 新茶器 、白い陶肌のグラス TOU-GLASS  が早々に、デンマーク、オーストリア、

カナダ、イギリス、アメリカなどのお客様からたくさんご依頼をいただいているようです。

日本の伝統や文化、そして素晴らしい職人がいることを海外の方にお伝えできることに深く共感しており、

とても素敵なご紹介をいただいております。本当にありがとうございます。

数年前、二つのお抹茶からオンライン販売をスタートされたとのことで、現在はお茶周りの製品も増え、

KOTO TEAオリジナルパッケージのオーガニックのお茶もラインナップされています。京都、宇治田原産の

オーガニックティーは大変美味しく、安全で安心していただける茶葉もおすすめでございます。

 

ただいま欠品中の  KYU-SU HITORI IVORY  につきまして、大変お待たせしており申し訳ございません。

4月中旬に再入荷を予定しておりますので今暫くお待ちいただけますと有り難いです。

過日、スパイラルマーケット様の限定色 SKY  TOU-GLASS を無事にお届けさせていただきましたので、

南青山、丸の内、二子玉川の店舗内、spiral online store  の方でご覧いただけますと嬉しく思います。

この SKY は、まるで春の空を映し出したかのような印象の透ける土のグラスなのですが、

ほんのりと青紫色を帯びているような土の柔らかい手触りや飲み心地もぜひお愉しみください。

2020.11.6文化

山林に立つ樹の葉が色づき、眩いばかりの秋色に街全体が染まる季節、

ここ信州の伊那谷では秋のイベントが開催され、徐々に人々の活気を取り戻しつつあります。

 

さて、日常にお茶を気軽に愉しめる新茶器は、おかげさまで販売を開始して10周年を迎えました。

皆さまに引き続き、ほっと一息つける日本のお茶の文化を身近に感じて欲しいと願っております。

もっと気軽にお茶を淹れる時間や所作ごとをゆったりと愉しんでいただければ嬉しく思います。

そこで今年12月頃より、急須の蓋のガラス色を 「琥珀色」 へと衣替えすることとなりました。

より落ち着いた雰囲気の茶道具となり、わびさびの趣きと旅情を感じる製品となります。

12年前、家族との団欒から生まれた新茶器は、一つの急須でさまざまな茶葉を気軽に愉しめたら良いなあ

という想いから創造した品です。そのころ偶然訪れた 信楽焼 産地の方が淹れてくれたこころ温まるお茶は、

茶こしを使わない絞り出し方式の急須を使った、自然の茶葉そのものの旨味を感じる美味しいものでした。

古来から伝わる構造はそのままに、現代の暮らしに合った雰囲気に私達がデザインさせていただき、

11年目に入った今も型を使わず、ろくろ挽きで一つ一つ造られた品は人の味わいを感じる人気の製品です。

各色ごと今の在庫がなくなり次第に、新しい仕様のものをお届けさせていただく予定でございます。

 

ものづくり産地のご支援とご協力があるからこそ  MADE IN JAPAN の志しを守り続けられることに、

改めましてこころより感謝を申し上げます。どうぞ末長く、これからもよろしくお願いいたします。

それぞれの想いが琥珀色に染まり、心安らかな暮らし方が生まれることを願いつつ。

2020.9.4早秋

少しづつですが暑さも和らぎ、素肌に触れる風が気持ちよく感じられる頃、

夜になると秋の虫の鳴き声が心地よい季節になってきました。

 

さて、京都御所の真向かいにオープンした有機栽培日本茶ブランド、茶ノ実鶴園  さんをご紹介いたします。

ベルギー人の彼が惚れこんだ日本茶と、その文化を存分に堪能していただける実店舗となります。

茶農家の情熱と愛で育った、本格派の日本茶を厳選することを通じて、身体と環境における

豊かで健康的なライフスタイルを推進してゆく新しい場です。有り難いことに、アールピースの新茶器も

急須ヒトリ と 小茶碗をご愛好いただいております。 京都を訪れた際はぜひ。

 

過日お知らせいたしました新茶器の KISETO(黄瀬戸)の製品につきまして、

二人用の急須   KYU-SU FUTARI   と普通サイズの茶碗   CYA-WAN   が仲間入りいたしました。

茶の湯で、永く親しまれてきた美しい黄瀬戸の色合いは、窯のなかで独特な景色が生まれます。

急須のなかで大きく開いた茶葉の旨味をそのままに、茶こしを使わずに美味しいお茶を愉しんでいただける

絞りだし構造の茶器です。煎茶、ほうじ茶、玄米茶、台湾茶、和紅茶、ハーブティーなどにお使いください。

日々気軽に、趣きのある茶道具でゆったりと一息ついていただければ嬉しく思います。

どうぞ穏やかな日常でありますよう。

2020.8.5

暑中お見舞い申し上げます。

長梅雨も明け、盛夏となりましたが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

 

夏季休業のお知らせです。

8月8日 (土) 〜 16 (日)  の期間はお休みしますので予めご了承ください。

現在までにご注文いただいたお客様は、お届け希望日に産地より発送させていただきます。

公式オンラインショップ は受付しておりますので、ご注文品は 17日(月)以降に順次発送いたします。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解よろしくお願いいたします。 ご利用をお待ちしております。

8月末頃、新茶器の  KYU-SU FUTARI  と  CYA-WAN   の限定品 KISETO(黄瀬戸)を発売予定でございます。

ゆったりとご自宅で淹れる冷茶も美味しい季節、お好みの上質な茶葉を少し濃いめに淹れ、

氷をたっぷり入れた茶碗へ静かに注ぎ入れると甘みのある冷茶を気軽にいただけます。

大海原の遥か彼方をながめつつ、リラックスした夏の時間をお愉しみくださいませ。

2020.6.23木の鞄

夏至も過ぎ、いよいよ本格的な夏の到来ですが、ここ南信州では涼やかな川辺に蛍が舞うころです。

東京神楽坂の  AKOMEYA TOKYO in la kagū  さんでご好評をいただいている、

地元の針葉樹アカマツをつかったライフスタイルプロダクツ  pioneer plants(パイオニアプランツ)。

ハンモックのように身体を包み込む軽やかな椅子   Owen’s Chair   が一番人気のようですが、

職人の手業、あられ組の技術を生かした木のかばん   Taylor’s Bag  もおすすめです。

家の中でも、公園でも、キャンプ場でも、珈琲やお茶セット、お弁当やワインを入れる箱として、

心地よいスライド式の蓋はテーブルの役目も果たしてくれますので作業道具をおさめる箱としても最適。

強くしなやかな日本製のオリジナルロープは、かなりの強度があり丈夫です。

木工の歴史が育んできた知恵や技術を大切に、サステナブルなものづくりを仲間と進めていますので、

健やかな木の香りを愉しみつつ、身近な道具として木を育てるように使っていただけますと嬉しいです。

 

また、多数のお問い合わせをいただいている  家族茶碗ライスボール  につきましてお知らせです。

現在欠品中となりますが、早くて7月中の入荷予定でございます。どうぞ今しばらくお待ちくださいませ。

2020.4.24自然と暮らす

心地よい春の陽気を惜しむように、時もゆったりと流れていくようです。

気づけば新しい暮らし方が生まれつつ、毎日を試行錯誤しながら過ごしている人も多いことと思います。

 

お家の時間が増えたことによりお茶周りの需要が高まっているこの頃ですが、

ふーと深呼吸をして、みずからの手で注いだ好みの茶湯をゆったりといただくことも又愉しい時間。

自然への感性を呼びおこし、知らず知らずのうちに備わった日常の文化も大切にしていきたいものです。

GWの期間中も  公式オンラインショップ  は通常営業しておりますのでお気軽にご利用くださいませ。

いつの日か、森や公園で伸びやかに過ごす一日がくることを願いながら。

Category

Archive