NEWS

2017.11.29夕暮れ時

 

初霜が降りるころを過ぎ、朝方に霜柱を見かけることが増えてきました。

地表の水分が凍ってできたもので、細かい柱状となり、表面の土をもち上げます。

淡白のベールに覆われたような景色につい動きをとめ見惚れてしまいます。

 

さて、上野恩賜公園にある東京国立博物館では フランス人間国宝展 が開催されていました。

フランス文化省により伝統工芸の保存、伝承、革新を旨として創設された、

人間国宝制度 メートル・ダール(Maître d’ Art)の認定を受けた作家作品を中心に世界初の展覧会です。

匠の卓越した技、伝統、そして未来へと繋がる華麗な美の世界を堪能しました。

広く薄暗い空間に並べられた ジャン・ジレル の天目茶碗(tenmoku chawan)は、漆黒の器の内側に

大小の斑文が散らばり、角度によって玉虫色に輝き、青紫の中に宇宙を感じることができました。

窯の熱によって生み出された陶製のふくよかな風景画の作品群など、限りない探究心と、

何度も実験を繰り返し革新し続ける、完璧を目指すつよい意欲を垣間見ることができました。

ほかにも革細工、金銀細工、折り布、紋章彫刻、エンボス加工、銅板彫刻、壁紙、羽根細工、ガラス等の

素晴らしい作品を肌に触れるかのような距離感で愉しむことができました。

 

ここでお知らせです。

多くのお客様からお問い合わせを頂いています 家族茶碗 ライスボール につきまして、

山から採れる陶土の変化、窯の問題などにより、同製品が生産ができない状況が続いておりました。

皆様には大変ご迷惑をお掛けしており、誠に申し訳ございません。

少し予定より遅れていますが、現在は生産の最終調整をつづけておりますので、

来年早春ころに、リニューアルした笑顔が輝く製品をお届けできる予定でございます。

詳しいことは改めてご報告させていただきますので今しばらくお待ちくださいませ。

2017.10.20風景をまとうグラス

時折、身近にある何気ない情景が、

かけがえのない素晴らしいものだと気づくことはありませんか。

雲が赤くかがやく朝焼け、ゆったりと流れる白い雲、果てしなく広がる青空、ふと見る夕焼けなど、

美しいという言葉を使い忘れるほどの綺麗な現象のなかに私達は暮らしています。

日々を追われるように過ごすことが当たり前の現代、

一番大切な、小さなできごとを忘れずに、見落とさずに生きてゆきたいものです。

 

写真は、香川県の瀬戸内海直島にある「直島・ベネッセハウス ショップ限定」、

ひとつひとつ手で挽かれた、深みのある 陶器のグラス です。

瀬戸内の海、空、雲を想わせるような佇まい。

おかげさまで国内外の方々に引きつづき好評をいただいている製品は、

信楽焼産地の工房でひたむきに造られ、磨きの工程を経て、お客様に届けられています。

同じものが一つもなく、それぞれ味わいのある情景をのせて暮らしの中に浸透しているようです。

優れた透過性をもつ温冷で使えるグラスは、深まりつつある秋にもおすすめの一品です。

TOU-GLASS  直島限定色は、ベネッセアートサイト直島の現地ショップ3店舗でお求めいただけます。

ベネッセハウス  ショップ  香川県香川郡直島町琴弾地 ベネッセアートサイト直島 Tel 087-892-3990

ベネッセミュージアムショップ 香川県香川郡直島町琴弾地 ベネッセミュージアム棟2F

本村ラウンジ&アーカイブ 香川県香川郡直島町850-2 Tel 087-840-8273

2017.9.20秋に愉しむお茶

樹の葉が色づきはじめ、秋が深まってきました。

南信州は地域の林檎をつかって醸造された、香り豊かな シードル の美味しい季節です。

 

東京、中央線国分寺駅北口から5分程歩いた街角に、趣のある2階建の建物があります。

今春オープンした 胡桃堂喫茶店 さんは、西国分寺のクルミドコーヒー 二号店です。

内装はスタッフやお客様、ボランティア約40名によって作られたそうで、

ヨーロッパのアンティークチェアやテーブル、日本の伝統的な家具などをしつらえ、

水出し珈琲、紅茶、日本茶、果物ジュースをはじめ、手間を惜しまない季節のお食事もいただけます。

一煎ごとに味の変化が愉しめる台湾茶をお願いしたところ、

新茶器の急須と茶碗でおもてなしを頂き、工夫された素敵なつかい方に感激いたしました。

二煎目、三煎目と差し湯でたっぷりと美味しいお茶を愉しめました。ありがとうございます。

居心地のよい落ち着いた雰囲気が気に入り、木棚の本を目当てにまた近々伺いたいと思います。

 

さて、大阪にてイベント出店しております。

ほっと癒されるような雑貨、身体にやさしい食材など豊富に揃っております。

南信州の仲間とともに、アールピースファクトリーからは 新茶器 が並んでいます。

夜風がすこし肌寒く感じはじめる季節の変わり目、

身体だけでなくこころから綺麗なすこやかさを目指してみませんか。

この機会にちょっと気になっていたアイテムをお探しください。

阪神梅田本店  8F催場  すこやか美人フェア

9月20日(wed)〜 25日(mon) AM10時 〜 PM8時 最終日PM4時まで

上記、イベント期間中はたくさんのお客様にお越しいただだき、誠にありがとうございました!

24日(sun) 一日店頭におりましたが、人と人の心が触れ合うような活気ある雰囲気の日曜日、

「これこれ、丁度探していたの」「使ってみたい」「かわいいですね」 などお褒めの言葉をいただきました。

大阪周辺に暮らす素敵な方々とお逢いできたことがとても嬉しく、日頃味わえない貴重な時間となりました。

お話させていただいたお客様が、翌日また再訪してくださった様でありがたい御縁に感謝申し上げます。

2017.9.5光りの余韻

涼しい風が流れる季節となりました。

東洋のスイスと言われる諏訪湖周辺は、澄んだ高原の空気と、

霧ヶ峰の伏流水をはじめ良質な湧き水や地下水が豊富で、時計などの 精密機械産業 も盛んな地域。

9月に開催される 全国新作花火競技大会 は、毎年かなりの人気を誇っているようです。

若手の花火職人が競う、いままでの概念にとらわれない独創的な花火は見事で、

湖畔で眺める観客席から感動のため息と、なごやかな歓声が沸いていました。

身体中に響く花火の音、広がる光り、音楽、

その後にのこる余韻までもクリエイティブに表現された花火に感動しました。

ひとつの花火に一年分の情熱を傾けた彼らにとっても、素晴らしい一夜になったことでしょう。

来年も愉しみにしております。ありがとうございました。

2017.8.1日本の夏

暑中お見舞いもうし上げます。

各地で魅力的なイベントが開催されている季節、皆さま夏を愉しんでいらっしゃいますか。

久々に訪れた海は、限りなく青く澄みわたり、

心地よい涼風が吹き、のんびりとした空気が流れていました。

近隣のキャンプ場も、都会からの利用者を迎えて最高の賑わいをみせている模様です。

峰々や湖の自然が広がる風景を愛でながら、

仲間や家族とともに、思い思いに語り、ゆったりとした時間を身体いっぱいに感じてみましょう。

さて、ここでお知らせです。

夏季休業日  8月11日 (祝) 〜 8月16日 (水)

この期間は、出荷等をお休みさせていただきますので予めご了承ください。

9日(水)午前11時までの御注文分につきましては、お休み前に出荷可能でございます。

以降もオンラインショップは受付していますが、御注文商品は8月17日より順次発送となります。

ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。ご利用を心よりお待ちしております。

2017.7.6北アルプス国際芸術祭

すっきりとした青空が待ち遠しい7月、

肌に風を感じながら、軽やかな BARCAバック を片手に遠出してみてはいかがでしょう。

 

初開催となる 「北アルプス国際芸術祭2017   〜信濃大町 食とアートの廻廊〜」 は、

長野県北西部の信濃大町エリアを舞台にした新しい芸術祭で、7月30日までの57日間にわたり開催中です。

総合ディレクターに北川フラム氏を迎え、3000m級の山々が連なる地域の生活文化をあらわす「食」と、

魅力を再発見する「アート」の力によって、さまざまな価値を掘り起こし、地域資源を世界に発信しています。

テーマは「水、木、土、空」。

自然に恵まれたこの地域は、雪解け水と澄んだ空気、四季折々の景観に恵まれ、

町中では山々からの湧き水が点在して飲用もできます。

景観をいかした国内外のアーティストの作品を、里山を歩きながらゆったりと愉しめそうです。

東京から車で4時間、ぜひ初夏に訪れていただきたいイベントです。

2017.6.1ひとり用の新茶器

目に鮮やかなグリーンが印象的な季節。

茶葉からゆっくりと淹れた極上の一杯を、気軽に美味しく、オフィスやアウトドアで愉しでみませんか。

 

自分らしい生き方や暮らしを提案している、WEBマガジン 『リノスタ』 さんの TOPICS で、

新茶器   KYU-SU HITORI SET    をご紹介いただきました。

日常の情景や、日本古来の 絞り出し方式 という急須の仕組みまでを、丁寧に伝えてくれています。

お茶本来の旨味と香りを愉しみたいなら、やっぱり茶葉から淹れるのがなにより、

気どらず、気負わず、もっと豊かに、すこし喜びも感じていただければ嬉しく思います。

ライターさんの流れるような文章も素晴らしく、心にフィットする気持ちのよいやり取りに感謝申し上げます。

大自然、アウトドア、歴史、伝統、文化、学び、ペイント、家具、珈琲、手作り、雑貨、みつろうクリーム..

どれも毎日の生活を豊かにする情報が掲載されていますので、ぜひご一読ください。

RENOSTA Facebook  https://www.facebook.com/renovation.st/

リノスタとは? http://www.reno-s.com/about

2017.5.15「SKY」

窓辺からは生き生きとした新緑が広がり、色とりどりの草花に目を奪われます。

青空のしたでは、樹々がさわさわと風に揺れ、季節が初夏へと動いているようです。

 

先月グランドオープンしたJR名古屋駅隣接  タカシマヤ ゲートタワーモール では、

東京、青山で国内外のアートを独自の視点で紹介している スパイラル が運営する

アートライフスタイルショップ 「+S」 Spiral Market  名古屋   がオープンしております。

空 をイメージしてつくられた限定色、TOU-GLASS  「SKY」 が販売開始いたしました。

特別に調合された陶器の繊細な色合いは、焼き上がりの時までドキドキする程ですが、

まさに空の色、素敵な陶器のグラスに仕上がっております。

同じく 青山店、銀座店、丸の内店、二子玉川店にも 「SKY」が置かれていますので、

平皿が好評の  Legere(レジェール)とあわせてご覧いただければ嬉しく思います。

 

同8階の広々とした 三省堂書店内   神保町いちのいち 名古屋店 では、

書店だからこそできる心ときめかせる雑貨たちと、

本に囲まれたカフェも併設された憩いの空間で、出会いと発見をゆったりとお愉しみください。

同じく 神保町店、グランスタ丸の内店、池袋店、経堂店、新百合ケ丘店、多摩センター店などでも、

気軽に美味しいお茶をいただける 新茶器、 TOU-GLASS  の定番色をお手に取ってご覧いただけます。

新しいお気に入りを探しに、お仕事帰りやお出かけの際にぜひお立ち寄りください。

2017.4.20桜の木

日本の美を映し出すかのような、桜。

いまでは海外各地にも植えられ、世界中でこの雅を愉しめるようになりました。

光りのなかで躍る淡い色合いがこころに響き、

桜の木を見上げながら微笑む人々の姿に、この上ない幸せを感じます。

 

さて、歴史と文化が息づく温泉地のお宿  ハイアット リージェンシー箱根 リゾート&スパ  では、

新しいコンセプトの和、温かみのある色合いなどを基調とした新しい客室が徐々に生まれています。

新客室用としまして、新茶器  CYA-POT、CYA-CUP  を贅沢にもお使いいただいております。

スタッフの方が気に入ってくださり、作り、デザイン性、素朴さ、使いやすさにお褒めの言葉を頂戴しました。

滋賀県の 信楽焼産地の方々もますます励みとなっています。こころより感謝を申し上げます。

スパの  IZUMI GALLERY では、6月から新茶器の急須などをお取り扱いいただく予定です。

大湧谷を源泉とした浴場と、自然の中にあるものたちの無限の力を借りて、

眠っていた五感を研ぎすまし、本来の生命力を呼びさましてみませんか。

ぜひ日ごろの疲れを癒し、静寂とくつろぎをご堪能ください。

 

いま話題の銀座松坂屋跡にできた、GINZA SIX

連日大勢の人で賑わっているようですが、施設内のあるお店で 陶器のグラス TOU-GLASS が使われております。

中央の大きな吹き抜け空間では、世界のアートシーンで活躍する前衛芸術家である

長野県松本市出身の草間彌生  新作インスタレーション  が期間限定で展示されています。

蔦屋書店、観世能楽堂などが揃う複合ビルとして、ますます銀座を盛り上げてくれることでしょう。

 

また竹橋にある、東京国立近代美術館 では、

「茶碗の中の宇宙  樂家一子相伝の芸術」  を 5月21日(Sun)まで開催中です。

千利休が愛した初代長次郎の器から、15代 樂吉左衞門までの力ある器をゆったりとご覧いただけます。

どうぞお見逃しなく。

2017.4.5お茶とごはん 冬草

あたたかな陽射しが注ぎ、東京の桜も満開を迎えている頃でしょうか。

過日おとずれた千鳥ヶ淵の桜も、こぼれ落ちるような美しい姿を見せてくれました。

 

さて、南信州の料理家の方をご紹介いたします。

こころと体に染み入る、美味しいごはんをつくる彼女は、

東京、長野の安曇野で修行をつまれた優しいたたずまいの鈴木さん。

一汁三菜の季節のごはんと、体にやさしいおやつや飲み物を整え準備してくれます。

青山スパイラルマーケットさんで 「Legere」 の大皿が目にとまり、

この白いフラットな器との出逢いから、ひとりで料理をだす生業をはじめる気持ちになったそう。

「この器で自分の仕事をしよう」と小さな覚悟をいだき手にしてくれたようです。

嬉しい一言に、こころから感激いたしました。ありがとうございます。

 

お茶とごはん 冬草

地元の旬のものを、和風、エスニック、さまざまなスタイルでお届けしていますので、

一週間ごと料理の品もことなり、幾度おとずれてもワクワクします。

さりげなく綺麗に盛りつけられた料理は、陶製の器のやわらかな感触で箸当たりの良さを感じます。

ムースホワイトの平皿に美しく入った陶器の貫入も、ゆっくりと器の味わいを生み、

使い心地もさることながら、スタッキングした時の無駄のないスッキリとした美しさも魅力だそう。

無邪気さがふわりと散るような、

屈託のない笑顔と、奥ゆかしい彼女の魅力でおだやかな気分に浸れることでしょう。

ミツロウキャンドルなどの輸入雑貨、自然食品を扱う ワイルドツリー さんの店内にございますので、

お茶やカフェオレ、料理をゆったりと味わいながら、南信州の素敵な情報もお愉しみください。