NEWS

2019.3.28霞たなびく

万物が躍動し、春の息吹が立ちこめる季節となりました。

ひと足先に都内は桜が満開となりましたが、暫くは淡い薄紅色を愉しめるとのこと。

長野県松本市の山間に、扉温泉 明神館(TOBIRA ONSEN MYOJINKAN)という4つ星ホテルがございます。

88年という節目の今年を新たなスタートの年ととらえ、自然を間近に感じながら、

より一層のくつろぎいただける旅館となりますよう一部客室の改装が行われております。

4月中旬に御部屋が完成するそうですが、安らぎの光りの照明  TOU-LIGHT  を設置してくださいました。

大変光栄なことと感じており、ご選定いただいた方々にこころより感謝を申し上げます。

これからも、扉温泉の美しい自然に囲まれた循環型の環境とともに、

心身ともに蘇ることのできる素晴らしい場所でありますよう願っております。

 

さて、ここでお知らせです。

東京日本橋のコレド室町にて、期間限定で  新茶器 KISETO の製品をご覧いただけます。

永く愛されてきた黄瀬戸の趣き、鉄分を含んだ上掛けの釉薬の美しい動きを手のひらで感じてみてください。

暖かい春風に誘われながら、軽やかにお出掛けいただけますと嬉しく思います。

COREDO室町 3-3F 2019.4.2(TUE) – 7.30(TUE) までOPEN

ASSEMBLAGE AUTREMENT 111 -アッサンブラージュ オートゥルモン サンオンズ-

2019.3.5浅春

早春の道端や川沿いには、小さな青い花を咲かせるヨーロッパ原産の帰化植物、オオイヌノフグリが

可憐に咲いています。 そして代々木公園などの関東周辺では、鮮やかな黄色い花をつけるアカシア属の

ミモザが美しい季節です。

 

お待たせしておりましたアールピース製品が無事入荷しましたので、ここでお知らせです。

青山のスパイラルマーケット +Sと一緒に手がけたニュートラルな陶製品  Legere(レジェール)につづき、

笑顔が微笑む  家族茶碗ライスボール の全サイズ、安らぎの照明  TOU-LIGHT Large  が焼き上がりました。

写真は、瀬戸内にある直島の海の色をイメージした ベネッセハウス ショップ限定色 の淡いグリーンとともに、

定番カラー TOU-GLASS GRAY  との人気ペア。限定色は、香川県直島の3店舗のみのお取り扱いとなります。

ここ数年、国内外の方々に大変ご好評をいただいており、こころより感謝申し上げます。

瀬戸内の 島々 をゆったりと船で巡る旅もそろそろ好い季節、春和を待つ時間も愉しいものです。

2018.12.7初冬のころ

木枯らしが吹く季節となり、本格的な白い冬が近づいてまいりました。

街中では、華やかなクリスマスのイルミネーションが目を愉しませてくれています。

 

さて、光りのグラデーションが美しい陶器の照明 TOU-LIGHT は密かに人気の製品ですが、

このたび新たに、照明のコードカラー等をご指定いただけるようになりました。

今まで同様、コード長さの調整も行っておりますが、

WHITE、BLACK、GRAY、CAMEL よりコードカラーもご選定いただけます。

こちらの公式オンラインショップの 限定サービス となりますので、

思い思いの素敵な空間を想像しながら、ご希望をお聞かせいただければと思います。

また、少し贅沢な陶器のグラスとしてご好評いただいている TOU-GLASS 、

澄んだ空の色を思わせる、スパイラルマーケットの 限定色 SKY  が入荷いたしました。

温冷でお使いいただける陶製品は、この時季におすすめの製品となりますので、

スパイラルマーケット各店舗の店内でお手に取ってご覧いただけますと嬉しく思います。

2018.9.19秋の海

月夜の美しい、爽やかな季節にはいりました。

鈴虫やコオロギの心地よい鳴き声を愉しみながら、ほっと一息つきたい秋の空です。

さて、星野リゾート 界 遠州  では1日1組限定の、遠州綿紬と静岡のお茶で紅葉を愉しむ、

「紅葉茶まるけ女子会」が開催されております。浜松の老舗菓子屋の特注の上生菓子とともに、

新茶器の急須をつかった香り高い煎茶、果物を加えたお好みの味のブレンドもいただけます。

9月初旬から11月30日迄ですので、中庭のテラスにあるもみじ茶屋で秋風を感じてみませんか。

 

東京、表参道にあるスパイラルマーケットでは、

AR Piece+S 「Legere」 “New Color” ムースブルーグレー の発表イベントを開催中です。

すべてのアイテムが揃った新色は、淡いふくよかな青みを感じる食材の映える色味です。

陶器の土の温かみにより生まれる柔らかさ、持ち心地、口当たりを肌で感じていただき、

毎日の食卓で普段使いができる、定番の食器の一枚としてご覧いただければ嬉しく思います。

日々の食卓をデザインすることについてのインタビューを受けた際、

人が生きるために欠かせない「食」に纏わる事柄に、日々こころを動かせていることに気付きました。

ご存知のように、日本の食文化には手でうつわを持ち、箸を使い食事をするという習慣があります。

棚からうつわを出し、使い、洗い、乾かし、仕舞う、という一連の動作を考えながら、

日々の生活に自然にとけ込むよう、自然の美しさをリスペクトしてデザインしすぎない様にしています。

また日頃置かれていない、陶器のグラス TOU-GLASS  WHITE&RED  のペアセットも一緒に並びます。

色付きはじめる青山の街を歩きながら、ぜひ新しい発見をお愉しみくださいませ。

Spiral Market 9.18(TUE) ー 10.14(SUN) 会期中無休

1F奥にあるスパイラルギャラリーからスロープを上がり店舗内すぐのスペース

2018.4.7春日和

新しい季節、皆さまお変わりないでしょうか。

南信州は芽吹きの時季を迎え、春の嵐とともに、淡い花びらが舞いはじめています。

里山に生息するフキノトウ、山ウド、タラの芽、こごみ、のびる、行者にんにくの葉など、

厳しい寒さをのり越えてきた勢いある山菜を存分に愉しめる季節です。

 

さて、過日販売を再開しました 家族茶碗 ライスボール  につきまして、

多くのお客様からご好評をいただき、こころより感謝を申し上げます。

この4月初旬から、三省堂書店 神保町いちのいち 各店舗  にてお取り扱いがスタートしております。

また本日、4月7日(Sat) ミーツ国分寺店  もオープンいたしました。

6月初旬ころには、 スパイラルマーケット 各店舗  の店頭に家族茶碗が並ぶ予定でございます。

都内はすでに新緑の季節、春のお散歩がてら、お立ち寄りくださいますと嬉しく思います。

こころも身体も伸びやかに、日本の美しい草木のように生きてゆきたいものです。

2017.12.22年の瀬

年の瀬を迎え、寒さが増す時季となりました。

今日は最も日が短い 冬至 、ということは翌日から日が長くなっていくということ。

この日を太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で祝祭が盛大に行われていたそうです。

南信州に居を移して、3年の月日が経ちましたが、

日々、あふれる自然に寄り添い暮らしていると、五感が研ぎ澄まされてくるようです。

 

さて、写真の 照明  TOU-LIGHT  は発売から6年程経ちましたが、有り難いことに今も多くの

お問い合わせをいただき、新築やリノベーションの空間に産地よりお届けしております。

この時季、寛ぎのある場所へのあたたかな光りとしてもおすすめです。

陶職人の手でひとつひとつ挽かれた陶器の照明は、微妙な厚さの変化により、

光りの濃淡が生まれ、グラデーションが美しい心穏やかな時間を過ごすことができます。

 

ここで、冬季休業のお知らせです。

2017.12.28 (木) 〜 2018. 1. 4 (木)  の期間は、出荷等をお休みいたしますので予めご了承ください。

26日(火)午前11時までのご注文分につきましては、年内発送が可能でございます。

オンラインショップは受付しておりますが、ご注文品は1月5日以降に順次発送させていただきます。

ご迷惑をおかけしますがご理解よろしくお願いいたします。ご利用心よりお待ちしております。

皆様、よい年末年始をお過ごしください。

2016.8.2自然素材をつかった潮風の家

tou-light-1

「画像元:craft」

 

八月。 夏の休暇は海や山に出掛け、美しい自然を体感することができる季節。

神奈川県逗子市の「懐かしさにあふれる、海の家」をご紹介させて頂きます。

窓から潮風が流れ込み、友人家族と集える開放感あふれる空間は、

子供たちが海で遊び疲れたら、ご飯を食べて、そのまま寛げるような心地よいお部屋。

壁には塗りムラを残した珪藻土、床には柔らかな感触のヨーロピアンオーク、

無垢の天板と黒い鉄、小上がりのように座れる一段上げた床座もさりげなく溶け込んでいます。

遠い記憶がよみがえるような、海辺のおだやかな空気感です。

 

卓上に配した陶器のペンダントライト、TOU-LIGHTも手づくりならではの雰囲気で、

土を透過したほのかな光が空間を和らげている印象です。

設計施工をされた株式会社クラフトさんは、モダンなテイストのなか、

どこか温かみのある居心地よい素敵空間を手がけているリノベーション会社さん。

陶器の照明をセレクト頂きまして、とても光栄です。

 

これからも大勢のお仲間の笑顔とともに、賑やかなひと時を愉しまれてください。

忙しい日常の中、海に想いを馳せることのできる場所があることは幸せなこと、

ご家族の心がふっと軽やかになる海の家として、ますます愛着が湧くことでしょう。

末永く、心身ともにご健康でありますよう。

 

2016.7.7地元の森の間伐材

2016.7.7-2

2016.7.7-1

 

七夕、この時季に輝く星もまた美しいものです。

世界的にみても、日本の都市周辺の空は明るすぎるほどですが、少し離れたしずかな南信州は、

深遠なる夜空と、清らかな川辺に生息するゲンジボタルの舞いを愉しめる場所が多く点在しています。

この二つのアルプスに囲まれた豊かな 伊那谷(Ina valley)は、

自然の森、里山の風景、豊富な水系に恵まれた人の暮らす穏やかな環境がととのっている地域です。

 

このたび、地元の森の間伐材をつかい、

歴史ある通り町商店街の老舗家具屋 伊原商店さんの店舗改装をお手伝いさせていただきました。

ワークショップ形式で、地元の森に育った天然アカマツを、店舗の床材としてランダムに敷き詰めていきました。

樹木に宿った、自然のパワーを驚くほどに感じて、

東京から参加してくれた多くの大学生、信州大学の学生、町の人々もずいぶんと癒されたようです。

日曜日に開かれた森カフェでは、アカマツの木製トレイで美味しい珈琲とクッキーをいただき、

心地よい空間としてのイメージが膨らむ、賑やかなひと時となりました。

リノベーションはまだ続きますが、沢山の人が集まるスペースとなるよう、ゆっくりと育って欲しいと思います。

 

2016.5.20線香花火のような照明

2016.5.30

 

初夏の空気が漂うころ、皆さまいかがお過ごしですか。

そろそろ、夏の旅計画をされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

リラックスできる日常の空間は、楽しい旅よりも大切なこと。

この春に新築された O様邸、

木の香りのする、シンプルで心地よい素敵なダイニングをご紹介いたします。

線香花火のような照明を探して3ヶ月、

心から求めていたイメージ通りものに出逢えたと、喜びの声をいただきました。

天井から少し長めに吊るされた TOU-LIGHT Large

真新しいお部屋に、陶製品のやわらかな光をお届けできたことを嬉しく思います。

これからも、ご家族のなごやかな笑顔が沢山生まれることと願っております。

 

O様、このたびはご親切にありがとうございました。

日本の線香花火のような、永く美しい、いつまでも煌めきのある時を重ねていってください。

かけがえのない、唯一無二の日常を愛でながら。

 

2016.2.18甘味茶屋 七葉さん

toulight

 

東京の自由が丘発祥、甘味と和食の専門店、甘味茶屋 七葉さん。

 

おいしい日本茶と季節の甘味やケーキのほか、うどんや丼ぶりをはじめ、

農薬、化学肥料を一切使用していない有機米を使った、

体にやさしい手作りの和食をご用意してくれる心癒されるお店です。

店内には穏やかな灯火がならび、やわらかな居心地のよい空間となり、

光のグラデーションが美しい陶製の照明、TOU-LIGHT Large がとても似合っています。

ご家族やご友人、おひとりでも、お食事やおやつ、ほろ酔いを、

甘味茶屋 七葉さんで、ちょっと上質なひとときを、ゆったりとおくつろぎください。

 

甘味茶屋  七葉

東京都立川市曙町2-1-1 ルミネ立川1階 TEL 042-595-7849

10:00〜21:00(LO 20:30)