NEWS

2018.10.11彩りの季節

大地は実りの時季を迎え、新米、木の子、栗、柿、梨、葡萄、林檎などが旬です。

ご存知のとおり今年はマツタケが豊富ですので、ここ南信州伊那谷もいつもより賑やかさが増しています。

自然界からの恩恵を受け、感謝の気持ちをもって秋の食材を愉しみたいものです。

 

さて、長野に暮らしはじめて以来、あらためて水の美味しさを気にする様になりました。

日々飲んでいる「水」のことを「ギフト」だと仰る、スウェーデンを代表するデザイナー、

インゲヤード・ローマン (Ingegerd Raman) が日本初個展として展覧会を開催しています。

一貫して凛とした美しさをもち、色も形もきわめてシンプルなガラス食器や陶器は、

「使われて初めて自分のデザインの価値が生まれる」というものづくりの姿勢で、

世界中の人々の共感をよんでいます。

都内の緑豊かな公園をゆったりと散策しながら、工芸館の建築とともにお愉しみください。

インゲヤード・ローマン展  2018/9/14  (fri) ー 12/9 (sun)

会場:東京国立近代美術館工芸館

2018.9.19秋の海

月夜の美しい、爽やかな季節にはいりました。

鈴虫やコオロギの心地よい鳴き声を愉しみながら、ほっと一息つきたい秋の空です。

さて、星野リゾート 界 遠州  では1日1組限定の、遠州綿紬と静岡のお茶で紅葉を愉しむ、

「紅葉茶まるけ女子会」が開催されております。浜松の老舗菓子屋の特注の上生菓子とともに、

新茶器の急須をつかった香り高い煎茶、果物を加えたお好みの味のブレンドもいただけます。

9月初旬から11月30日迄ですので、中庭のテラスにあるもみじ茶屋で秋風を感じてみませんか。

 

東京、表参道にある スパイラルマーケット では、

AR Piece+S 「Legere」 “New Color” ムースブルーグレー の発表イベントを開催中です。

すべてのアイテムが揃った新色は、淡いふくよかな青みを感じる食材の映える色味です。

陶器の土の温かみにより生まれる柔らかさ、持ち心地、口当たりを肌で感じていただき、

毎日の食卓で普段使いができる、定番の食器の一枚としてご覧いただければ嬉しく思います。

日々の食卓をデザインすることについてのインタビューを受けた際、

人が生きるために欠かせない「食」に纏わる事柄に、日々こころを動かせていることに気付きました。

ご存知のように、日本の食文化には手でうつわを持ち、箸を使い食事をするという習慣があります。

棚からうつわを出し、使い、洗い、乾かし、仕舞う、という一連の動作を考えながら、

日々の生活に自然にとけ込むよう、自然の美しさをリスペクトしてデザインしすぎない様にしています。

また日頃置かれていない、陶器のグラス TOU-GLASS  WHITE&RED  のペアセットも一緒に並びます。

色付きはじめる青山の街を歩きながら、ぜひ新しい発見をお愉しみくださいませ。

スパイラルマーケット青山 9.18(TUE) ー 10.14(SUN) 会期中無休

1F奥にあるスパイラルギャラリーからスロープを上がり店舗内すぐのスペース

2017.5.15「SKY」

窓辺からは生き生きとした新緑が広がり、色とりどりの草花に目を奪われます。

青空のしたでは、樹々がさわさわと風に揺れ、季節が初夏へと動いているようです。

 

先月グランドオープンしたJR名古屋駅隣接  タカシマヤ ゲートタワーモール では、

東京、青山で国内外のアートを独自の視点で紹介している スパイラル が運営する

アートライフスタイルショップ 「+S」 Spiral Market  名古屋   がオープンしております。

空 をイメージしてつくられた限定色、TOU-GLASS  「SKY」 が販売開始いたしました。

特別に調合された陶器の繊細な色合いは、焼き上がりの時までドキドキする程ですが、

まさに空の色、素敵な陶器のグラスに仕上がっております。

同じく 青山店、銀座店、丸の内店、二子玉川店にも 「SKY」が置かれていますので、

平皿が好評の  Legere(レジェール)とあわせてご覧いただければ嬉しく思います。

 

同8階の広々とした 三省堂書店内   神保町いちのいち 名古屋店 では、

書店だからこそできる心ときめかせる雑貨たちと、

本に囲まれたカフェも併設された憩いの空間で、出会いと発見をゆったりとお愉しみください。

同じく 神保町店、グランスタ丸の内店、池袋店、経堂店、新百合ケ丘店、多摩センター店などでも、

気軽に美味しいお茶をいただける 新茶器、 TOU-GLASS  の定番色をお手に取ってご覧いただけます。

新しいお気に入りを探しに、お仕事帰りやお出かけの際にぜひお立ち寄りください。

2017.4.5お茶とごはん 冬草

あたたかな陽射しが注ぎ、東京の桜も満開を迎えている頃でしょうか。

過日おとずれた千鳥ヶ淵の桜も、こぼれ落ちるような美しい姿を見せてくれました。

 

さて、南信州の料理家の方をご紹介いたします。

こころと体に染み入る、美味しいごはんをつくる彼女は、

東京、長野の安曇野で修行をつまれた優しいたたずまいの鈴木さん。

一汁三菜の季節のごはんと、体にやさしいおやつや飲み物を整え準備してくれます。

青山スパイラルマーケットさんで 「Legere」 の大皿が目にとまり、

この白いフラットな器との出逢いから、ひとりで料理をだす生業をはじめる気持ちになったそう。

「この器で自分の仕事をしよう」と小さな覚悟をいだき手にしてくれたようです。

嬉しい一言に、こころから感激いたしました。ありがとうございます。

 

お茶とごはん 冬草

地元の旬のものを、和風、エスニック、さまざまなスタイルでお届けしていますので、

一週間ごと料理の品もことなり、幾度おとずれてもワクワクします。

さりげなく綺麗に盛りつけられた料理は、陶製の器のやわらかな感触で箸当たりの良さを感じます。

ムースホワイトの平皿に美しく入った陶器の貫入も、ゆっくりと器の味わいを生み、

使い心地もさることながら、スタッキングした時の無駄のないスッキリとした美しさも魅力だそう。

無邪気さがふわりと散るような、

屈託のない笑顔と、奥ゆかしい彼女の魅力でおだやかな気分に浸れることでしょう。

ミツロウキャンドルなどの輸入雑貨、自然食品を扱う ワイルドツリー さんの店内にございますので、

お茶やカフェオレ、料理をゆったりと味わいながら、南信州の素敵な情報もお愉しみください。

2016.11.25深みのあるLegere の新色

2016-12-3

南信州は、舞い落ちるような星空の夜がつづいております。

気づくと秋も深まり、日々の暮らしのなかでも実りの季節を迎えています。

 

さて、表参道にあるスパイラルマーケット青山では「Legere」 1st  Anniversary   を開催しております。

発売から1周年をお祝いして、AR Piece+S 「Legere」のクリスマスイベントとなっております。

レジェール の器は使うごとにますます愛着がわき、

気のおけない仲間と過ごす時間のような、あたたかみと心地よさを感じる陶製品です。

手に触れるやわらかさと、普段使いできる丈夫な陶器として、

朝食、ランチ、ディナー、カフェタイムに、毎日大活躍してくれます。

新色のムースネイビーパープルは深みのあるマットな色味、ネイビーとは一言でいいきれない、

微妙な色合いへのこだわりをたくさんの方に共有していただければと思っております。

お肉やトマトの赤、フレッシュな卵の黄、水水しい野菜の緑、粉チーズの白が映える大皿は、

同シリーズの WAN や BOWL 、小さなガラスカップを皿の上に置いても、

全面がフラット形状なので料理の汁が垂れずに、料理の盛りつけにも扱いやすいサイズ感。

ゆっくりと貫入が現れることで他にはない陶器の味わいが生まれますので、

自然の土からなる、陶器の経年変化もお愉しみいただければと思っております。

 

青山にて12月25日まで開催していますので、

料理家の樋口さんのレシピ、クリスマスのテーブルコーディネートとともに是非ご覧くださいませ。

陶器のグラス「TOU-GLASS」、気軽にお茶を愉しめる「新茶器」、柔らかな照明「TOU-LIGHT」も並びます。

心があたたまる素敵な年末となりますよう願っております。

「Legere」の器は スパイラルマーケット 青山、丸の内、銀座、二子玉川の各店舗にて、

もしくは下記、スパイラルオンラインストアでも既存3色をご覧いただけます。

spiral online store