NEWS

2018.1.23森とマチを繋ぐ

大寒波に見舞われた日本列島、皆様の地域は大丈夫でしょうか。

こちら南信州は、ふわふわの雪が約20〜30cm積もりましたが、既に緩やかに溶けはじめています。

樹々の枝や、大地は青白く包まれ、周辺のうつくしい雪景色には目を奪われます。

 

先週 19日(fri)、地元の伊那市商店街にて  キノマチ座談会 vol.2  が開催されました。

遠方からも多数お越しくださり、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

キノマチ座談会とは..     ‘‘ キノ人  × マチの人 = キノマチ座談会 ”

森と生きる、地方で生きる、都会で生きる、を考えるトークセッションイベント。

今回のテーマは 「ものづくりのマーケティング」、

けもかわproject 代表 で猟師の井野春香さん、アールピースファクトリー 弊社代表の矢島光がゲスト。

それぞれの立場からの視点、たくさんの新しい発見があり、

揺れるランタンの光りのなか総勢 31名 の方と繋がり、奥が深いトークが展開されました。

山師にとって、森と生きる彼女にとって、暮らしの舞台は自然界。

自然界と人々の暮らしに、多くの共通点を見つけることが出来ました。

森とマチを繋ぐイベントを運営している、株式会社やまとわ  の皆様に感謝を申し上げます。

愉しい一夜をいただき、ありがとうございました。

2017.9.20秋に愉しむお茶

樹の葉が色づきはじめ、秋が深まってきました。

南信州は地域の林檎をつかって醸造された、香り豊かな シードル の美味しい季節です。

 

東京、中央線国分寺駅北口から5分程歩いた街角に、趣のある2階建の建物があります。

今春オープンした 胡桃堂喫茶店 さんは、西国分寺のクルミドコーヒー 二号店です。

内装はスタッフやお客様、ボランティア約40名によって作られたそうで、

ヨーロッパのアンティークチェアやテーブル、日本の伝統的な家具などをしつらえ、

水出し珈琲、紅茶、日本茶、果物ジュースをはじめ、手間を惜しまない季節のお食事もいただけます。

一煎ごとに味の変化が愉しめる台湾茶をお願いしたところ、

新茶器の急須と茶碗でおもてなしを頂き、工夫された素敵なつかい方に感激いたしました。

二煎目、三煎目と差し湯でたっぷりと美味しいお茶を愉しめました。ありがとうございます。

居心地のよい落ち着いた雰囲気が気に入り、木棚の本を目当てにまた近々伺いたいと思います。

 

さて、大阪にてイベント出店しております。

ほっと癒されるような雑貨、身体にやさしい食材など豊富に揃っております。

南信州の仲間とともに、アールピースファクトリーからは 新茶器 が並んでいます。

夜風がすこし肌寒く感じはじめる季節の変わり目、

身体だけでなくこころから綺麗なすこやかさを目指してみませんか。

この機会にちょっと気になっていたアイテムをお探しください。

阪神梅田本店  8F催場  すこやか美人フェア

9月20日(wed)〜 25日(mon) AM10時 〜 PM8時 最終日PM4時まで

上記、イベント期間中はたくさんのお客様にお越しいただだき、誠にありがとうございました!

24日(sun) 一日店頭におりましたが、人と人の心が触れ合うような活気ある雰囲気の日曜日、

「これこれ、丁度探していたの」「使ってみたい」「かわいいですね」 などお褒めの言葉をいただきました。

大阪周辺に暮らす素敵な方々とお逢いできたことがとても嬉しく、日頃味わえない貴重な時間となりました。

お話させていただいたお客様が、翌日また再訪してくださった様でありがたい御縁に感謝申し上げます。

2017.6.1ひとり用の新茶器

目に鮮やかなグリーンが印象的な季節。

茶葉からゆっくりと淹れた極上の一杯を、気軽に美味しく、オフィスやアウトドアで愉しでみませんか。

 

自分らしい生き方や暮らしを提案している、WEBマガジン 『リノスタ』 さんの TOPICS で、

新茶器   KYU-SU HITORI SET    をご紹介いただきました。

日常の情景や、日本古来の 絞り出し方式 という急須の仕組みまでを、丁寧に伝えてくれています。

お茶本来の旨味と香りを愉しみたいなら、やっぱり茶葉から淹れるのがなにより、

気どらず、気負わず、もっと豊かに、すこし喜びも感じていただければ嬉しく思います。

ライターさんの流れるような文章も素晴らしく、心にフィットする気持ちのよいやり取りに感謝申し上げます。

大自然、アウトドア、歴史、伝統、文化、学び、ペイント、家具、珈琲、手作り、雑貨、みつろうクリーム..

どれも毎日の生活を豊かにする情報が掲載されていますので、ぜひご一読ください。

RENOSTA Facebook  https://www.facebook.com/renovation.st/

リノスタとは? http://www.reno-s.com/about

2017.5.15「SKY」

窓辺からは生き生きとした新緑が広がり、色とりどりの草花に目を奪われます。

青空のしたでは、樹々がさわさわと風に揺れ、季節が初夏へと動いているようです。

 

先月グランドオープンしたJR名古屋駅隣接  タカシマヤ ゲートタワーモール では、

東京、青山で国内外のアートを独自の視点で紹介している スパイラル が運営する

アートライフスタイルショップ 「+S」 Spiral Market  名古屋   がオープンしております。

空 をイメージしてつくられた限定色、TOU-GLASS  「SKY」 が販売開始いたしました。

特別に調合された陶器の繊細な色合いは、焼き上がりの時までドキドキする程ですが、

まさに空の色、素敵な陶器のグラスに仕上がっております。

同じく 青山店、銀座店、丸の内店、二子玉川店にも 「SKY」が置かれていますので、

平皿が好評の  Legere(レジェール)とあわせてご覧いただければ嬉しく思います。

 

同8階の広々とした 三省堂書店内   神保町いちのいち 名古屋店 では、

書店だからこそできる心ときめかせる雑貨たちと、

本に囲まれたカフェも併設された憩いの空間で、出会いと発見をゆったりとお愉しみください。

同じく 神保町店、グランスタ丸の内店、池袋店、経堂店、新百合ケ丘店、多摩センター店などでも、

気軽に美味しいお茶をいただける 新茶器、 TOU-GLASS  の定番色をお手に取ってご覧いただけます。

新しいお気に入りを探しに、お仕事帰りやお出かけの際にぜひお立ち寄りください。

2017.4.20桜の木

日本の美を映し出すかのような、桜。

いまでは海外各地にも植えられ、世界中でこの雅を愉しめるようになりました。

光りのなかで躍る淡い色合いがこころに響き、

桜の木を見上げながら微笑む人々の姿に、この上ない幸せを感じます。

 

さて、歴史と文化が息づく温泉地のお宿  ハイアット リージェンシー箱根 リゾート&スパ  では、

新しいコンセプトの和、温かみのある色合いなどを基調とした新しい客室が徐々に生まれています。

新客室用としまして、新茶器  CYA-POT、CYA-CUP  を贅沢にもお使いいただいております。

スタッフの方が気に入ってくださり、作り、デザイン性、素朴さ、使いやすさにお褒めの言葉を頂戴しました。

滋賀県の 信楽焼産地の方々もますます励みとなっています。こころより感謝を申し上げます。

スパの  IZUMI GALLERY では、6月から新茶器の急須などをお取り扱いいただく予定です。

大湧谷を源泉とした浴場と、自然の中にあるものたちの無限の力を借りて、

眠っていた五感を研ぎすまし、本来の生命力を呼びさましてみませんか。

ぜひ日ごろの疲れを癒し、静寂とくつろぎをご堪能ください。

 

いま話題の銀座松坂屋跡にできた、GINZA SIX

連日大勢の人で賑わっているようですが、施設内のあるお店で 陶器のグラス TOU-GLASS が使われております。

中央の大きな吹き抜け空間では、世界のアートシーンで活躍する前衛芸術家である

長野県松本市出身の草間彌生  新作インスタレーション  が期間限定で展示されています。

蔦屋書店、観世能楽堂などが揃う複合ビルとして、ますます銀座を盛り上げてくれることでしょう。

 

また竹橋にある、東京国立近代美術館 では、

「茶碗の中の宇宙  樂家一子相伝の芸術」  を 5月21日(Sun)まで開催中です。

千利休が愛した初代長次郎の器から、15代 樂吉左衞門までの力ある器をゆったりとご覧いただけます。

どうぞお見逃しなく。

2017.3.7自然の麦湯

日ごとに春らしくなり、野や山にも春の気配を感じます。

桃色に浮かび上がる山々の稜線がとても美しい時間。

 

岡山県の 蒜山耕藝(hiru zen kou gei)さんの麦湯、香ばしい麦の香りとともに、こころまで温まります。

相性のよい、絞りだし方式の急須ヒトリで、まろやかに美味しいお茶がいただけます。

「藝」の語源は、人間が植物を植え、食べものをつくる姿。 田畑は人間と自然の接点です。

自然のリズムと調和してつくられる作物は、その土地と季節に合ったものが大前提、

もち米を蒸す時に蒜山の天然水をつかった蒜山◯餅も、植物のおおらかな旨味が身体に染みます。

 

さて、おかげ様で、大人気の急須ヒトリ IVORY、BLACK は品切れとなっており、

次回入荷は3月23日ごろを予定しております。

ただいま、写真の急須ヒトリ RED はストックがございますのでお気軽にご依頼ください。

皆さまには大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

滋賀県の信楽焼産地の方々も、寒い作業場のなかで、手作業をがんばってくれています。

どうぞ今しばらくお待ちくださいませ。

 

新色が販売開始しました CYA-KI-BAG GRAY は、

ひとり用の急須ヒトリ&小茶碗 のセットが収まり、公園や旅先にも茶道具をお持ちいただけます。

お好みの茶葉をつめて、外出先でもゆったりと美味しいお茶をお愉しみください。

厚手の国産和木綿をつかった小型の茶器バックは、

耐久性に優れ、少しこなれた雰囲気でやさしく新茶器を包んでくれそうです。

ピクニックや野外でも、ゆったりと一息ついていただければ嬉しいです。

2016.8.31おかげさまで八周年

2016-9-13

 

8月18日はアールピースファクトリー 八周年の記念日でした。

ここまで続けてこられたのは一重に、関わっていただいた物づくりの現場の方々、メーカー様、

ひとつひとつの製品にエールを送っていただいた店舗様、お客様のおかげです。

こころより、深く感謝を申し上げます。

長い道のりは、穏やかな時も、そうでない時もあったかと記憶しています。

それぞれの人の力に支えられ、つくる想いを時々に確かめ合いながら、

目の前のことを、日々取り組んできたように感じております。

この夏キャンプをして改めて感じた事は、人が衣食住をいとなむには、暮らしの道具が必要だということ。

多忙な毎日に、利便性だけを優先しがちな現代ですが、最近、

わざわざ自らの手を動かして、丁寧に暮らし始めている方にお逢いする機会が多々あります。

その、ひと手間が人に伝わり、人のこころに温かな灯りをともす源流になるのでしょう。

アールピース製品はこれからも、全ての製品を自らの手でお届けしていくスタイルを続けていきます。

お客様との信頼関係をたいせつに、日本全国へお届けしていきたいと思っております。

 

地元、伊那谷でピュアなミツロウキャンドルを扱う ワイルドツリーさんにお声掛けいただき、

JR名古屋高島屋で開催された  “ひと手間” のある暮らし展  ~It’s My Life 2016~  に出店いたしました。

作り手が手間をかけて仕上げたもの、ずっと長く使い続けたいもの、使うことが楽しくなるものなど、

暮らしにひと手間かけたくなるような日用品やファッション、調味料が登場しました。連日会場は賑わい、

大勢の素敵な方にお逢いすることができました。会期中にお越しくださった皆様、ありがとうございました。

奈良の 月ヶ瀬健康茶園さんの茶葉は自然栽培、有機栽培。

煎茶、紅茶など、ひと手間を感じる味わいで感激しました。お茶の淹れ方が独特で、

口にふくむと爽やかに旨味が広がり、色合いも美しく、二番煎、三番煎も美味しく頂けます。

天然素材のプレートを食卓に、

ブルックリンスレートカンパニーさんの洗練された遊びごころのある上質な製品も心ときめきました。

そろそろ私達も、エコな意識をもち、心地よく丁寧な暮らしを愉しみませんか。

 

2016.1.15AR Piece+S 「Legere」販売開始

2016.2.6

 

日々をもう少しだけ豊かに。小さな気づきの散りばめられた時間を。

この冬、AR Piece と Spiral Market の感性が重なり合い、

Legere(レジェール)という軽やかな陶器のシリーズが誕生いたしました。

信楽の地から生まれた、土のぬくもりとともに、

ムースのようなマット感、自然光の中での食材の映え、柔らかな表情をお届けできればと思います。

土ものの陶器を、すこしでも身近に感じていただければと願っております。

 

また、企画イベントも開催中です。

新茶器 や TOU-GLASS などのアールピース製品とともに、

ニュアンスのある Legere のうつわをお手にとってご覧いただけますと嬉しいです。

今のわたしたちの暮らしに合った、フラットな印象と扱いやすさ、

和洋の料理や、お菓子などに似合いますので、プレゼントにも喜ばれることと思います。

お散歩がてら、冬から春へと移りかわる街なかへお出かけください。

「+S」Spiral Market 二子玉川 1月7日(木)〜1月26日(火) +S select vol.8

Spiral Market 青山 1月18日(月)〜2月14日(日) Spiral Market Library vol.60

 

“Legere”  Table de saison   Delicious combination by HIGUCCINI

スパイラルマーケットと料理研究家 HIGUCCINI さんによる、

Legereのうつわを用いた季節の提案を 2015.12〜2016.12 のあいだ、毎月UPされますのでお楽しみに。

長野出身の HIGUCCINI さんの、ワイルド且つ美しいテーブルは多くのファンに愛されています。

 

2015.7.10味も極上

新茶器

 

婦人画報8月号 P177 CRAFTページに、新茶器の急須ヒトリ&小茶碗が掲載されました。

いつもアールピース製品を応援していただき、大切にお取り扱いくださっている、

AssistOn(アシストオン)さんのご好意にとても感謝しております。

手入れも簡単、味も極上。ひとりのお茶の時間を楽しむ、茶漉しのない新茶器。

リズムを刻むような、説得力のある製品コメントも最高です。

 

京都へ、暮らすように旅するページも楽しめる記事となっていますので、

ぜひ本を手にとって御覧くださいませ。

自分らしい丁寧な暮らしかたが出来ていると、自然と人は幸せを感じるものでしょう。

ひとり向きの茶器とともに好きな時間をつくってみるのも良さそうです。

 

2014.7.8新茶器のそそぎ口

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

七夕の夜、天の川を愉しめたでしょうか。
世田谷周辺の空は曇っており残念ながら銀河系まで届きませんでした..

ゆったりと星空を眺めて過ごしたい時、Hotレモングラスやカモミールティーがおすすめ。

手軽にお茶を飲める、急須ヒトリはハーブティーや紅茶などにもお使いいただけます。
茶こしがない「絞り出し」方式は茶葉が開きやすく、美味しくお茶を抽出できるから便利。

広々とした琵琶湖の近く、滋賀県で作られた信楽焼きの陶製品なのですが、
この急須の注ぎ口、職人の澤さんの人差し指をつかい器用にかたち作られていたのです。
注ぎ口が厚すぎても湯切れがわるくなる原因にもなるから、正に手加減がいのち。

そのままの茶葉の味をいただき、お手入れが簡単にできる新茶器。

この手造りの新茶器や、生活道具として重宝するBARCAバック、
デザイン雑貨を扱う明治神宮前のアシストオンさんでお手に取ってご覧いただけます。
青山や表参道を散歩しながら、ぜひお出掛けください。

Assist On / アシストオン原宿店 東京都渋谷区神宮前6-9-13
phone  03-5468-8855