NEWS

2018.6.14日本民藝館

6月は紫陽花が美しい季節。

久しぶりに、紫陽花の花言葉は何だろうと調べてみたところ、

「一家団欒」「家族の結びつき」といったものが浮かんできます。

現代の人々の暮らしかたに、あたらめて響き通ずる言葉なのではないかと感じます。

 

さて、都内の駒場東大前駅の閑静な住宅地にある 日本民藝館 を訪れた方も多いことでしょう。

現在開催中の染色家、 柚木沙弥郎 (Samiro Yunoki) 氏の作品は是非ご覧いただきたいです。

今もなお旺盛な創作を続けている95歳現役、現代人の渇きを荒原に湧いた泉のように潤してくれます。

「うれしくなくちゃ生まれない」 とおっしゃる柚木氏は、朗らかな微笑みをもって、

我々が生きるためのメッセージを与えてくれている様にも感じます。

駆け込みでも大丈夫、少しだけ時間に余裕をもって愉しんでいただけたら幸いです。

 

特別展  柚木沙弥郎の染色  もようと色彩

2018年6月24日(sun)まで 10時〜17時(最終入館30分前まで) 金曜日19時まで開館 休館月曜日