NEWS

2018.5.28立夏

過日の クラフトフェアまつもと2018  は、夏を想わせる太陽のしたで開催されました。

国内でも増えつつある、ものづくり系の野外イベントの先駆け的な場所となっていますが、

全国のつくり手たちの発表や交流の場をつくろうと立ち上がった人々により、今ほど

「ものづくり」や「クラフト」という言葉に馴染みがなかった約30年前にその歴史がスタートしたそうです。

時代とともに少しづつ姿を変えてきましたが、長野県松本市内を中心とした  工芸の五月 という企画のなか、

地域に根ざす人々の暮らしの道具や生活品をあらためて見つめ直すきっかけとなっています。

 

ここでお知らせです。

6月1日にリニューアルオープンするJR大阪駅前の 阪神梅田本店  にて、

今年も展示販売イベントに参加させていただく事になりました。

お近くの方、旅の途中の方も、是非遊びにいらしてくださいませ。

阪神梅田本店  8階催場 すこやか美人フェア

6月1日(fri)〜 4日(mon) AM10時 〜 PM9時   最終日はPM4時まで

上記イベントにお越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

建て替え第一期棟がオープンということで、入り口に長い行列が生まれ、賑やかな催事となりました。

店頭に並んだ 急須ヒトリ、急須フタリは2日目昼頃には完売してしまいまして、

折角足を運んでいただいた方には、大変申し訳なく思っております。こころよりお詫びを申し上げます。

公式オンラインショップ   でも早々にお届け可能ですので、是非ゆっくりとご覧くださいませ。

2018.5.2京都のくらし

目に眩しい新緑のグリーンが美しい季節です。

国内海外で、GWの連休を愉しんでいる方も多いでしょうか。

京都。 東山五条の静かな住宅街に 河井寛次郎記念館 はひっそりと佇んでいました。

昭和12年に自らの設計で建てられたご自宅が、この記念館となっていますが、

「暮しが仕事 仕事が暮し」 の言葉とおり、

中庭を生かした陶工の生活と遊びこころが溢れ、とても和やかなこころ落ち着く空間でした。

路線バス等のフリーチケットを片手に、京都の人々の暮らしに触れてみるのも豊かな時間でしょう。

 

ここでお知らせです。

新茶器の急須ヒトリ、家族茶碗のライスボール、陶器のグラス TOU-GLASS など、

信楽焼産地の職人の手仕事がかなり詰まっており、製品入荷が遅れているものがございます。

お急ぎのところ申し訳ございませんが、焼き上がりまで今しばらくお待ちくださいませ。

ゆったりと深呼吸、リフレッシュできる休日をお愉しみください。