NEWS

2017.4.20桜の木

日本の美を映し出すかのような、桜。

いまでは海外各地にも植えられ、世界中でこの雅を愉しめるようになりました。

光りのなかで躍る淡い色合いがこころに響き、

桜の木を見上げながら微笑む人々の姿に、この上ない幸せを感じます。

 

さて、歴史と文化が息づく温泉地のお宿  ハイアット リージェンシー箱根 リゾート&スパ  では、

新しいコンセプトの和、温かみのある色合いなどを基調とした新しい客室が徐々に生まれています。

新客室用としまして、新茶器  CYA-POT、CYA-CUP  を贅沢にもお使いいただいております。

スタッフの方が気に入ってくださり、作り、デザイン性、素朴さ、使いやすさにお褒めの言葉を頂戴しました。

滋賀県の 信楽焼産地の方々もますます励みとなっています。こころより感謝を申し上げます。

スパの  IZUMI GALLERY では、6月から新茶器の急須などをお取り扱いいただく予定です。

大湧谷を源泉とした浴場と、自然の中にあるものたちの無限の力を借りて、

眠っていた五感を研ぎすまし、本来の生命力を呼びさましてみませんか。

ぜひ日ごろの疲れを癒し、静寂とくつろぎをご堪能ください。

 

いま話題の銀座松坂屋跡にできた、GINZA SIX

連日大勢の人で賑わっているようですが、施設内のあるお店で 陶器のグラス TOU-GLASS が使われております。

中央の大きな吹き抜け空間では、世界のアートシーンで活躍する前衛芸術家である

長野県松本市出身の草間彌生  新作インスタレーション  が期間限定で展示されています。

蔦屋書店、観世能楽堂などが揃う複合ビルとして、ますます銀座を盛り上げてくれることでしょう。

 

また竹橋にある、東京国立近代美術館 では、

「茶碗の中の宇宙  樂家一子相伝の芸術」  を 5月21日(Sun)まで開催中です。

千利休が愛した初代長次郎の器から、15代 樂吉左衞門までの力ある器をゆったりとご覧いただけます。

どうぞお見逃しなく。

2017.4.5お茶とごはん 冬草

あたたかな陽射しが注ぎ、東京の桜も満開を迎えている頃でしょうか。

過日おとずれた千鳥ヶ淵の桜も、こぼれ落ちるような美しい姿を見せてくれました。

 

さて、南信州の料理家の方をご紹介いたします。

こころと体に染み入る、美味しいごはんをつくる彼女は、

東京、長野の安曇野で修行をつまれた優しいたたずまいの鈴木さん。

一汁三菜の季節のごはんと、体にやさしいおやつや飲み物を整え準備してくれます。

青山スパイラルマーケットさんで 「Legere」 の大皿が目にとまり、

この白いフラットな器との出逢いから、ひとりで料理をだす生業をはじめる気持ちになったそう。

「この器で自分の仕事をしよう」と小さな覚悟をいだき手にしてくれたようです。

嬉しい一言に、こころから感激いたしました。ありがとうございます。

 

お茶とごはん 冬草

地元の旬のものを、和風、エスニック、さまざまなスタイルでお届けしていますので、

一週間ごと料理の品もことなり、幾度おとずれてもワクワクします。

さりげなく綺麗に盛りつけられた料理は、陶製の器のやわらかな感触で箸当たりの良さを感じます。

ムースホワイトの平皿に美しく入った陶器の貫入も、ゆっくりと器の味わいを生み、

使い心地もさることながら、スタッキングした時の無駄のないスッキリとした美しさも魅力だそう。

無邪気さがふわりと散るような、

屈託のない笑顔と、奥ゆかしい彼女の魅力でおだやかな気分に浸れることでしょう。

ミツロウキャンドルなどの輸入雑貨、自然食品を扱う ワイルドツリー さんの店内にございますので、

お茶やカフェオレ、料理をゆったりと味わいながら、南信州の素敵な情報もお愉しみください。