NEWS

2017.3.7自然の麦湯

日ごとに春らしくなり、野や山にも春の気配を感じます。

桃色に浮かび上がる山々の稜線がとても美しい時間。

 

岡山県の 蒜山耕藝(hiru zen kou gei)さんの麦湯、香ばしい麦の香りとともに、こころまで温まります。

相性のよい、絞りだし方式の急須ヒトリで、まろやかに美味しいお茶がいただけます。

「藝」の語源は、人間が植物を植え、食べものをつくる姿。 田畑は人間と自然の接点です。

自然のリズムと調和してつくられる作物は、その土地と季節に合ったものが大前提、

もち米を蒸す時に蒜山の天然水をつかった蒜山◯餅も、植物のおおらかな旨味が身体に染みます。

 

さて、おかげ様で、大人気の急須ヒトリ IVORY、BLACK は品切れとなっており、

次回入荷は3月23日ごろを予定しております。

ただいま、写真の急須ヒトリ RED はストックがございますのでお気軽にご依頼ください。

皆さまには大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

滋賀県の信楽焼産地の方々も、寒い作業場のなかで、手作業をがんばってくれています。

どうぞ今しばらくお待ちくださいませ。

 

新色が販売開始しました CYA-KI-BAG GRAY は、

ひとり用の急須ヒトリ&小茶碗 のセットが収まり、公園や旅先にも茶道具をお持ちいただけます。

お好みの茶葉をつめて、外出先でもゆったりと美味しいお茶をお愉しみください。

厚手の国産和木綿をつかった小型の茶器バックは、

耐久性に優れ、少しこなれた雰囲気でやさしく新茶器を包んでくれそうです。

ピクニックや野外でも、ゆったりと一息ついていただければ嬉しいです。